精を満たして、若々しく、健康に。

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

 

今日は、身体のエネルギー源の「気・精」のことです。

 

こんなことありませんか?

 

10年位前の中学の同窓会で会った
男子のある子が、面影もないくらいに背が伸びていました

 

彼は女子より低かったのに

高槻
高槻市

東洋医学では「腎臓」 は
生きていく精(エネルギー) を貯める働きを指します

 

そこには、

 

もって生まれた、先天的な精 (エネルギー)と

 

成長とともに食事などから作られた、後天的な精(エネルギー) のふたつが貯められます。

 

「精のつく食べ物」「食べて精を作る」っていいますよね。

 

 

小さいときに身長が低かったのに、高校生くらいには大きくなっている

 

子供のころは、ぜんそくだった、おねしょをよくしていた。

 

 

というのも先天的な精(エネルギー)の影響です。

 

 

腎の精(エネルギー)は、成長をあらわします

 

 

したがって、持ってうまれた先天的な精が少ないと、成長が遅いともいわれます。

 

しかし、成長するにつれて、後天的な精がふえてきて、成長をうながしていきます。

 

 

身長が伸びたり、運動したりで呼吸がしっかりされて、呼吸器官も強くなる。

 

 

赤ちゃんの時に、ハイハイをよくすると、この腎の精を作り出すことが活発になるそうです。

 

また、ハイハイはお尻、背筋など、スポーツ選手には欠かせない筋力のベースを作ってくれます。

 

最近はすぐ歩くようになり、ハイハイの時期が短いそうですが、

 

スポーツのできる子にするならこの時期は大切かもしれませんね。

 

女の子なら、スタイルのいい子になりそう。

 

 

 

身体という貯金箱に、精(気・エネルギー)を貯めるようなイメージです。

 

いつも精、気で満たされた身体作りは、大人になっても必要です。

 

精を増やすことが成長に、減らすと老化につながります。

 

 

 

 

陰ヨガのポーズは、シールポーズ。

 

 

 

うつ伏せになって、肘をつく。

 

腰の背骨を感じながら、ゆったりと呼吸します。

 

 

大人は、後天的な精をいかに減らさないか。

 

つまり、アンチエイジングです!

 

そして、精の材料となる、しっかり食事をとることも大切ですね。

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

負の感情のたまる場所は?

 

いつもあなたは、落ち着いて、時間や気持ちに余裕を持って行動してますか?

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

 

朝起きた時から、バタバタと始まり、仕事や家事に集中し、帰りも慌ただしい…

もしくは、夜はそんな日中から解放されて、抜け殻のようになってませんか?

 

 

 

せっかちな人は、時間との勝負です

 

早くしたい、人にも早くしてほしい、信号早く変わってほしい、エレベーター早く来てほしい、電車遅れないでほしい、ネット早くつながって…

 

自分の早いペースで世の中進むといいのに…

 

 

 

 

当然、自分のスピードと人のスピード、世の中のスピードに差がでます。

 

すると、もれなくついてくるものは、

 

「イライラ」

 

心の状態は身体にも表れてきます

 

「負の感情は脇にたまる」

 

 

なんてことを聞いたこともあります

 

イライラしてるなぁ、せっかちだなぁって思っている方は

「体側硬くないですか?」

 

そこで、こんなポーズをしてみませんか

 

バナナアーサナ(バナナのポーズ)

 

①壁から少し離れて立ちます

 

②壁側の手首を掴みます

 

③掴んだ手首を上に引っ張るようにしながら、壁に体側をつける

 

 

 

伸びが出てきたら、ゆっくりと深〜く丁寧に呼吸します

 

 

もしくは、手を壁につけ、ゆっくりと呼吸します

物足りなければ、足を壁から離していきます

 

 

反対向きになって、もう一方もおこないます

 

体側は気の流れを上げます

 

伸ばせばスッキリ

 

モヤモヤ、イライラ、負の感情は流しましょう!

 

お仕事や家事、ちょっとした休憩感覚で、いつでもスッキリ、ぜひお試しください!

 

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

ダイエットのための食事は、時間も大事

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

私はヨガインストラクターですが、エアロビクスのインストラクターでもあり、健康運動指導士でもあります。

 

フィットネスクラブでレッスンする時に、お客様との会話でよく話題になるのは

 

 

「どうやったら痩せる?」

 

 

長い間この仕事をしていますが、この手の話題はつきません。

 

 

運動も大切ですが、やっぱり食事と睡眠の割合は大きいです。

 

 

巷で流行りの○○ダイエットなどは沢山あります。

 

でもブームがすぐに終わったり、なかなか続かないのは無理があったり、ストレスになるからでしょう。

 

 

 

しかし中医学のダイエットの考え方はとってもシンプルです。

 

 

朝ごはんは7~9時にしっかり食べる

 

7~9時は、中医学では胃の時間(胃がよく働く時間)とされています。

 

 

この時間から身体を動かすエネルギーが必要になります。

 

朝、太陽が上っていくのと同じく身体のエネルギーも上がっていきます。

 

エネルギーのない状態で自動車が走らないように、私たちの身体も動きにくくなります。

 

特に女性は影響を受けやすい。

女性は陰ですから、気が下がりやすいのでしっかり食べて気を上げなければいけません。

 

若いころの食べないダイエットは15~20年後に影響がでるといわれます。

 

無理をした20代のダイエットの影響は、40代になってから…冷えや婦人科系の不調にも。

 

 

朝ごはんをしっかり食べると午後からは、お腹のすく感覚が減ってきます。

 

日が沈むとともに、身体のエネルギーもだんだん下がっていきます。

 

そして、夜の食事は控えめで、早く寝る。

 

「朝、お腹がすいた」で一日がスタートするのが理想。

 

 

旅行で温泉宿なんかに泊まって、晩御飯を早く食べます。

 

朝はお腹が空いていて、ボリュームある朝ご飯をはしっかり食べますよね。

その日は、なかなかお腹が空かない。

 

 

このサイクルがダイエットだけでなく、健康な身体を作っていきます。

 

また次の日の朝に気持ちよく1日をスタートするには、夜にヨガをするのがおすすめです。

 

 

☑ゆっくりとした呼吸は、内臓のマッサージや自律神経のバランスを整える

 

☑捻じったり、伸ばしたりで血流がよくなり、眠りの質もよくなります

 

☑ヨガのポーズを丁寧にすると、「身体にいいことをしている」という実感が得られるので食事を見なおす

 

 

ストレスが原因で、ついつい食べ過ぎたり、お菓子が増えたり…

 

ヨガは自律神経のバランスが整うので、ストレスの軽減になり、

帰って食事をする際に、食欲にまかせて食べることが減ってきます。

 

 

これは夜のレッスンの、陰ヨガでのポーズです。

胃の経絡(胃のツボをつなげた気の流れ道)に働きかけるポーズのひとつです。

 

 

内臓に働きかけるポーズ、またこのポーズは誰でも気持ちよく身体と心を落ち着かせてくれます

 

 

ダイエットには、食事の時間とヨガの効果も有効です。

夜にヨガはじめてみませんか?

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と、

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808