「手前味噌講座」開催しました

 

先日、国際薬膳師の石田久美先生による

「手前味噌講座」を開催しました。

 

石田先生は以前「生き方を変えるYOGA」で「簡単薬膳で冷え対策」講座

を担当していただきました。

今回は手作りのお味噌に挑戦することになりました。

 

今回は石田先生が下準備をすべてしていただいていたので、私たちは混ぜるだけ。

 

 

 

なんて簡単に考えていましたが、甘く見ていました・・・

 

 

まずは、主役の大豆から。

水でもどされた大豆は、袋をあけた時ふわーっと豆のいい香りです。

これを粒がなくなるまで、ひたすら潰す。

 

 

 

いきなり、しんどい・・・

なかなかの体力勝負です。

ここからみなさん、無言でひたすら潰す、潰す・・・

 

 

豆が片付いたら、今度は麹と塩を混ぜる、塩切り麹という作業。

塩の粒がボールにつかないようになるまで、

混ぜる、混ぜる、ひたすら混ぜる・・・

またまた無言・・・(笑)

 

 

いよいよ、大豆と麹の混ぜ込み作業。

大豆が潰れているといえども、袋のうえからなので潰しきれなかったものもあります。それも潰しつつ、両者がなじむまで、混ぜる、混ぜる、ひたすら混ぜる・・・

 

やっぱり無言・・・

 

 

 

ふんわり混ざったら、容器に詰める。

こぶしくらいに丸めて、隅から詰めていきます。

 

 

 

出来上がり!!

 

 

最後は石田先生のお手製味噌の試食。

豆の種類が違うもの(ひよこまめ)

麹の種類の違うものなどを、野菜と食しました。

いろいろな種類があると、味の違いがよくわかりました。

 

黄色いにんじん、紫色のにんじん

有機栽培の野菜は、やはり味が濃い。私はにんじんが得意ではないのですが、おいしくいただけました。

ひとり1本のにんじんのお土産も、家でペロリでした。

 

 

麹菌は25℃から活動がはじまります。

夏をこえ、秋から食べることができます。

1年後が食べるのがちょうどいいそうです。1年後にみなさんとお味噌の感想を聞くのが楽しみです!!

 

今後も石田先生には、お料理を楽しむ講座を開いいただきます。

次回は、スパイスから作るカレー、皮からつくる水餃子。

 

どなたでも、参加していただけるようにしたいと思っております。

また開催日時が決まりましたら、ご報告いたします。

お楽しみに!

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808