アンチエイジングの意味はご存知ですか?

「アンチエイジング」

 

女性ならほとんどの方が聞いたことがある言葉

また、アンチエイジングを日々実践している方も多いのではないでしょうか

 

 

今ではすっかりお馴染みになった言葉

アンチエイジングの言葉の意味はご存知ですか?

 

「抗老化医学」という意味です

 

「加齢」と「老化」

 

 

加齢は生まれた時から始まる、避けられないもの

老化はまだくわしいメカニズムがわかってないそうです

 

 

身体の中からは、食事も大切です

「糖化」「酸化」この2つも要因です

 

さらに、

 

身体を伸ばすことがいい!!

 

 

身体をのばすことって、筋肉を伸ばすというイメージですよね。

 

一言で筋肉といっても、筋肉は、随意筋、不随意筋、心筋に分類されます

 

随意筋は一般的にいわれる筋肉、太もも、腕、腹、背中、胸などなどの自分の意志で動かすことができる筋肉です

 

不随意筋は、内臓をいいます。自分の意志では動かすことができない筋肉

 

心筋は心臓のこと

 

 

不随意筋に血管が属します。

 

ホースのような血管の中を血液が流れています。

柔軟なホースのような血管があれば、全身に十分な血液をおくれます。

 

 

 

酸素や栄養分が含まれた血液がながれれば、内臓の働きもよくなるし、

身体を動かしやすい、冷えの改善、さらには体温を上げてくれます。

 

 

「冷える=硬くなる=ふける」ということを聞いたことがあります。

使っていなかった輪ゴムは、硬くなっていますよね。

 

「身体を伸ばす=血管も伸びる」

 

 

血管を柔らかくすることが、アンチエイジングにもつながります。

今、日本人は実年齢より血管年齢が高い人は半数以上だそうです

 

「抗老化」の「抗」の意味は、「さからう、ふせぐ」

 

 

老化をふせぐ、さからうこと

 

その一つの方法に、身体を伸ばすこと

まさに、ヨガがぴったりです!

 

目には見えない身体の中の筋肉、血管まで伸ばして

アンチエイジングしませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

&tbsp;