朝だるい、重い人は夜にこれを!

 

皆さんは朝起きて、身体がどんな状態ですか?

 

お腹すいた〜

 

まだ寝たい〜

 

寝過ごした〜

 

そして、

身体が重い、固まってる…、だるい…、痛い…

 

 

朝の限られた時間の中で、準備をする方がほとんだと思います。

 

テキパキと動く、気持ちよく朝を感じながら、顔の表情も柔らかで落ち着いている、

 

 

今日みなさんは、どんな朝を過ごしましたか?

 

 

気持ちよく朝を過ごすには、やはり身体が軽い!

ということがとても大事です!!

 

 

重だるい身体を無理やり起こして、準備して、ご飯食べて、急いで家を出る。

 

そんな想像しても元気のない姿は、イキイキしてないし暗い感じ。。。

 

 

反面、朝から身体が軽く動くとささっとに行動できますよね

 

 

丁寧にお化粧する、ご飯を美味しく食べる、気持ちよく玄関を出る

 

 

こんな朝のルーティンは理想的です

 

 

夜のちょっとしたことで、起きた時から身体も心も気持ちいい朝を迎えられます。

 

 

 

私は夜寝る前、自分の身体のどこに疲労を感じるか、

 

朝いつもどこが軽いと調子がいいかを考えます。

 

 

それを知って対処する、そして習慣にすることで、毎朝ぐっと楽になります

 

 

人間は寝ている間に身体の修復、成長、気(エネルギー)を養います。

 

その睡眠の間に身体を調子のいい状態に作る作業をしています。

 

 

スムーズにいい状態にするには、いくつかのポイントがあります!!

 

 

 

①夜の食事は遅い時間を避ける

 

普通なら、「夜遅い時間の食事は太るから良くない」と考えます。

 

それも実践すればとてもいいことです。

 

もっと身体のことを考えると、身体の修復などにはエネルギーが必要です。

筋肉を1日の疲労から少しでも回復するにもエネルギーが必要です。

 

口から食べたものが、消化吸収されるには(食べたものにもよりますが)、8時間以上かかると言われています。

 

まずは内臓を動かして消化吸収をすることを身体は優先します。

 

 

筋肉の修復は後回しになるので、血液が内臓に集中して筋肉などに修復に必要な栄養が届かない…

 

 

そして、朝起きて身体がきしむ、重い、固まっている。

 

 

とは言うものの、生活も人それぞれ、食事の時間もそれぞれ。

 

遅い時間の食事もあります。

 

 

そんな方は、「良く噛んで食べる」

 

 

細かい状態で胃に運ばれたら、細かくする作業が楽になり消化吸収が早くなります。

 

 

筋肉を修復する時間ができてきますから、朝の目覚めもよくなり身体も楽です。

 

 

 

②寝る前にヨガのポーズやストレッチを習慣に!

 

 

ここでヨガが出てきます。

 

私は腰の疲労を感じやすいです。

朝スッキリ起きられると、全てのルーティンが時間に余裕でるくらい調子いいですね。

 

 

寝る前の数分のヨガで、格段に朝が違います。

 

 

 

腰の疲労にも、肩こりでも、ストレスにもヨガは万能薬です。

 

 

 

寝る前に、おすすめのポーズです。

 

日中、デスクワークや立ちっぱなしなど長い時間同じ姿勢で負担のかかる

 

「背骨」

 

自律神経にも深く関係している部位ですし、腰も肩も背骨から。

 

 

今回は3つのポーズを寝る前にぜひ試してみてください

左右両方とも行ないましょう

まずはゆっくり10呼吸くらいしたら、反対側に変えます。

 

 

 

  • サドルポーズ

右脚を曲げて、寝転がります

太もも前、おなか、腰にポーズが効いてきます。

 

 

 

ゆっくり10回くらい呼吸します。

 

反対の左足も同様にします。

 

 

  • ツイストルーツ

膝を立てて、右脚を左脚にしっかりと絡めます

そして左に倒します

両手が広げられたら、開いて胸も伸ばします。

 

 

 

 

 

腰の伸び、お尻や太ももの外側が伸びます

 

 

  • クレイドル

両脚を抱えて、腰が伸びます。

 

 

余裕あるなら、小さく横に揺らしたり、頭を膝に近ずけて前後に揺らします

 

 

 

 

 

そして、おやすみなさい。

 

 

 

まずはこの3つのポーズから始めてみてください。

 

夜のほんの数分のヨガが、あなたの明日の朝を変えてくれますよ!