少人数ならではの達成感

日曜日の朝のナオミヨガレッスンは、ヴィンヤサフローヨガです。

 

このクラスは、追加レッスン枠です。

 

 

月4回のレッスンに追加して受講できます。

 

その時その時でメンバーが違います。

 

 

テーマと大まかなプログラムは作りますが、進行はメンバーの様子を見ながら進めます。

 

 

思うように進むこともあれば、違う方向になること多々あります。

 

 

 

今回は「太ももの裏を伸ばす」がテーマ

 

私達の身体はたくさんの筋骨が、全てがつながりあって動けています。

 

太ももの筋肉や骨は骨盤と、骨盤は背骨と。背骨は肩甲骨や肋骨、頭蓋骨。

 

書き出したらとんでもない数です。

 

 

今回のテーマの太ももの後ろ側は、硬い方が多いです。

 

 

前屈すると伸びているのがよくわかりますね。

 

 

 

万国共通のポーズ

「ダウンドッグ(下向き犬のポーズ)」

 

 

 

 

このポーズは、太ももの後ろ側はもちろんのこと、肩、胸、ふくらはぎ、背骨の柔軟性プラス、腕の筋力も大事です。

 

 

腕立て伏せの形の、プランクポーズでマットを押して自分の体重を支えます。

 

 

 

 

そして、ダウンドッグに。

 

 

 

このポーズをはじめ、色々なアプローチから太ももの後ろ側を伸ばしました。

 

そうすれば、こんなにも脚が上がってきます!

 

 

 

 

上げた脚や、マットを押している手のひら、背骨のどを私はそっ触って足りていない部分の意識付けをします。

 

 

マットを押す力をほんのすこしだけ足す、

 

上がった脚の膝をあと少し伸ばす、

 

丸くなった背骨を1センチそらすイメージ、

 

補助を少しするだけで、ぐんとポーズが決まってきます!

 

 

「このダウンドッグって、ほんとうはお休みのポーズです。」

 

と教えてもらった時は、

「こんなきついポーズが休みのポーズだなんて!」

とヨガをはじめたての頃は、いつも思ってました。

 

 

先生のちょっとしたタッチで、ポーズが楽になってくると

このダウンドッグが休憩になってきました。

 

 

この日のお二人も、きっとポーズの最中に大きく息を吐いてほっとされていました。

 

 

大人数のクラスでは先生の補助やタッチはなかなかないです。むしろ最近はあえて触らないという流れもあります。

 

 

きちんとポーズ出来てる?

 

なんだかほかのところがきついけど、これで合ってる?

 

先生は見てくれている?

 

そんな不安はナオミヨガではありませんよ(^^)

 

 

しっかり動いた後には、ヨガのクッションやブロック、毛布に身を任せてリラックスです。

 

ツイストで背骨や腰を伸ばします。

 

 

 

胸や股関節を優しく開きます。

 

 

 

 

毛布を何枚も使い、包まれる安心感で全身を休めます。

 

 

少人数ならではの達成感を感じることができます。

 

生徒さんひとりひとりの身体の様子をみて、サポートしていますから上達も早く、効果を実感できます。

 

 

今から本格的に冬になります。身体を動かして血流をよくすることで体温を上げ、健康的に過ごしませんか?

 

 

ナオミヨガでは、しっかりと動くヨガと、身体の硬い方やストレスで疲れを穏やかに緩めるヨガの2つのスタイルのレッスンがあります。

 

 

あなたの目的にあったヨガ始めてみませんか?

 

体験レッスンのお問い合わせ・お申し込みはこちらから

https://reserva.be/naomiyoga0808