骨盤の歪みとは言うけれど…

よく耳にしたりして、気になっていませんか?

 

 

「骨盤の歪み」

 

 

陰ヨガ生みの親、ポール・グリリー先生の講座を受けたとき、

 

「日本人は骨盤が歪む、歪むといつもいう。骨盤は歪まない!」

 

と、強めに言っていました。

 

 

 

 

骨盤が歪むって皆さん、どんな状態をイメージしますか?

 

 

このように上下に傾く?

 

 

 

 

いえいえ、こんなズレ方したらえらいことです。

 

 

左右の体側の長さが違うと、このような歪みというよりは、傾きは起こります。

 

 

 

今回は、骨にポイントを置いて説明します。

 

 

 

 

 

骨盤は、腸骨という骨が左右にあって、それを仙骨でつないでいるのです(簡単に言えばです)

 

その仙骨は腰の背骨の、腰椎(ようつい)ともつながっています。

 

 

この仙骨と腸骨と腰椎が連動しあって、股関節や背骨の動きを出しています。

この仙骨は、とーーーっても動きの小さい骨。数ミリとも言われています。この数ミリの動きが、身体を良くも悪くも変えてしまうのです。

 

 

 

そこで、「骨盤のゆがみ」に戻りますが、

 

 

おおもとの背骨の腰椎自体が傾かないと、こんなことにはならない。

 

 

じゃあどんな状態かというと、

 

 

左右の腸骨が、前か後ろに傾く。

 

ねじれる、ような感じです。

 

ルービックキューブを捻る、回る動作のような動き。

 

 

 

 

 

 

そんな骨盤、仙骨を調整することがヨガでもできます。

 

 

 

セツバンダアーサナ

 

骨盤、仙骨(尾てい骨の上)のあたりにヨガブロックをあてます。

 

脚を伸ばします。

 

 

 

ちょっと見にくいですが。

 

 

初めはキツイという方が多いです。

 

キツイはお腹や脚の付け根の筋肉が硬くで、伸びがしっかり出るから。

 

 

仙骨の動きが悪い、仙骨を覆っている筋膜が硬いと、脚が開くのです。

 

 

かなりの確率で、脚がみんな開いています…

 

このポーズを続けていくと、脚が閉じるようになります。

 

〜まとめ〜

 

 

骨盤は、上下には、ずれません。

ねじれるような状態になります。

仙骨周辺の筋膜を緩めほぐすことも効果的。

 

 

人間の身体ってほんとうに、精密に細かくできていますよね。

ほんと繊細です。数ミリの動きが全身に影響します。

 

ヨガは一見ダイナミックなことをしているようでもありますが、そのなかで細かい筋肉や骨を調整しながら動きます。

 

 

 

身体のメンテナンスとしてもいいです。

 

ヨガで身体を整えることからはじめませんか?