【ヨガポーズ】腰はお尻も伸ばすといい

腰痛はいろいろな原因があります

 

痛いといっても人それぞれの痛みです

 

ヘルニアなどの病院にかかるものではない

 

運動不足から、

姿勢不良から、

長い時間、座っていたり、立っていたり

 

ほとんどの方が凝っている、だるい、縮まっているような感じではないでしょうか?

 

 

腰を丸めたり、反らしたりもいいです

 

あと、

 

「お尻を伸ばす」のもいいです

 

おしりの筋肉って1つではなくて、いくつもの筋肉からできています。

 

おしりの外側や、中心、上や下の方、さらには奥にも。

 

 

奥の方にある「梨状筋(りじょうきん)」という筋肉があります。

洋梨を横にしたような形の筋肉。

 

これが、腰とつながっています。

この梨状筋が凝ったり、縮まったりすることで同時に腰の筋肉も凝ったりします。

 

なので、おしりの筋肉を柔軟にすることも腰痛改善、予防には効果が期待できます。

 

 

 おしりを伸ばすポーズ

 

右脚のかかとを左脚の膝にのせる

 

 

左脚をあげて右脚と左脚の間から

腕を通してつかむ

右脚のお尻から太ももの外側が伸びます

 

 

 

伸びたらそのまま、ゆっくり丁寧に呼吸します

2~3分を目安にします

 

長くできるなら5分くらいでも大丈夫です

 

 

 

夜寝る前にすると、日中の腰やおしりの疲れがほぐれ、さらに朝起きた時に腰が軽く感じます。

 

また。朝すると寝ている間に固まっていた腰が伸びて、気持ちよく1日がスタートできますよ。

 

 

身体って、たくさんの骨と筋肉が、共同作業で動きます。

 

腰が疲れているかた、おしりの筋肉はどうですか?

 

疲れたまってませんか?

いよいよ花粉の飛散が、本格的になりましたね。

 

 

先週末あたりから、鼻、目、のどにきています。全部ですが・・・(笑)

 

 

 

ヨガをしている間は、花粉症のことをわすれてゆっくりできる時間です。

 

 

花粉症にお悩みの方で、

 

 

夜の睡眠が浅くなることで疲れやすい、

 

疲れがなかなか取れない、

 

 

といったお声をよく聞きます。

 

 

睡眠は身体の気のチャージをする時間。

 

フル充電できていないままで、次の日も過ごすと疲れはとれるどころか、蓄積していってしまいます。

 

なんだか疲れてませんか…?

 

 

若い頃は、寝たら次の日はリセットされてささっと動けていたけど、

 

ここ最近はどうも違う

 

寝るだけでは疲れがとれない

 

 

そんな時は、疲れをとる陰ヨガポーズを。

 

 

ツイストルーツ

 

右脚を左脚に引っ掛けます

 

 

 

そして、左側に倒します

 

 

腰やお尻、太ももの外側が伸びていたらいいです

 

ねじるポーズは

 

☑疲れをとる効果

☑縮んだ背骨を伸ばす

☑気のめぐりをよくする

☑リラックス効果が高い

 

床にだらーっと寝転がりぼーっと捻るだけです

 

 

3分くらいを目安にします。

そして反対側も忘れずおこないましょう。

 

もっと長くしても大丈夫ですよ

 

 

今日1日あったことを思い出したり(ポイントは良かったことを思い出しましょう)

 

明日のことを考えてみたり、

 

身体のどこが疲れているのか感じてみたり、

 

今、どんな呼吸しているのか感じてみたり

 

そんな今の心の状態を観察する

 

 

無理に頭の中を空っぽにすることないです

 

気がつけば、時間がいつの間にか空っぽにしてくれています

 

はたまた、いつの間にか寝てしまう

寝落ちしないように、お気をつけくださいね!

 

 

寝る前に身体の疲れと頭の疲れもとると、

 

きっと朝はスッキリ目覚めると思いますよ

 

ぜひ試してみてください。

 

 

今日は寒くなりそうです。花粉に負けず、良い1日をお過ごしください。

 

 

現在募集中の講座「生き方を変えるYOGA」~心理学とヨガで自分を大切にすることを知る~。「自分を大切にする」って何をイメージしますか?生きていく中で自分に正直に、本当の自分の気持ちはどなのか?心と身体から気づき、感じていく講座です。詳しくはこちらから➡http://yoga-asta-naomi.com/?p=959

 

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」、

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

【ヨガポーズ】腰は疲れていませんか?

 

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

現在募集中の講座「生き方を変えるYOGA」~心理学とヨガで自分を大切にすることを知る~。「自分を大切にする」って何をイメージしますか?生きていく中で自分に正直に、本当の自分の気持ちはどなのか?心と身体から気づき、感じていく講座です。詳しくはこちらから➡http://yoga-asta-naomi.com/?p=959

 

 

昨日は歯科の定期検診でした。

夏に通い始めた近所の歯科。

受付を済ませたのは30分前。

 

もう待ち疲れてき始めました。

 

長椅子の待ち合いスペースは、隣の人との間隔も狭い。

 

座りっぱなしは、なかなか腰が疲れます。

 

長時間おなじ姿勢でデスクワークや、作業をしていらっしゃる方を尊敬する今日この頃。

 

 

ふと気づいたら、

背中というか、腰が丸くなっている、

頭が前に出ている猫背状態、

お腹が丸くなって圧迫感。

 

 

 

いつからこの状態?

 

そんなときは合間に、こんなポーズはどうですか?

 

座ってのねじりのポーズ

 

高槻市ヨガ

 

右手は背もたれに、左手は太ももの外側に添えます。

 

背中をピンとのばして、右側にねじります。

目線は目の高さにして後ろを見ていくと、より深くねじれます

 

ねじったまま、息を深く吸って吐きます。ゆっくりと呼吸を数回繰り返します。

 

呼吸の回数やキープする時間はお好きなだけどうぞ。

 

反対側も忘れずに。

 

ほんの数秒のポーズでスッキリです。

 

 

「もうこれやっている」という方!

 

あなたはもうヨガをしていますよ!!

 

ヨガは敷居が高いって思われがちですが、

気づけば日常生活で知らず知らずの間に私たちのそばにいてくれています。

 

意外と身近な存在なのですよ。

 

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

腰が重だるい、凝っていますか?

 

 

腰が重い、だるい、凝っていませんか?

 

内科検診でお医者さんに腰をトントン、叩かれたことありますよね?

 

あれは腎臓のチェックですが、

 

 

その時、腰のコリを感じたり

 

今トントンと叩いてみてコリをかんじますか?

 

そんなときはこのポーズが腰の緊張をやわらげてくれます。

 

 

これは私の先生のオリジナル?ポーズです。

あえて名前をつけるなら

 

 

ハーフドラゴンフライ ツイスト (半分のトンボのポーズをツイスト)

 

 

先生もなんだこの名前~ってわらっておりましたが汗

 

 

 

片脚を横に広げて、伸ばした脚の方に体をひねって上半身をだらーっと脱力します。伸びている腰の筋肉を膨らますように、息を吸ってじわーっと吐きます。

2~3分キープしてみましょう。

同じく左も行います。

 

 

 

この写真だと右の腰がじわーんと伸びていきます。

 

腰の横の筋肉は、とても力持ちの筋肉です。その分よく働いていますが、我慢強い筋肉なので文句をいってこないんです。

 

だから許容範囲をこえると、ぎっくり腰などの痛みを出して、私たちに休養を訴えてきます。

 

 

ぎっくり腰になると、自分だけならまだしも、仕事や家庭にも支障が出てしまっては大変です。

 

 

身体が硬いと膝がういたり、上半身が倒れないこともありますが、

レッスンではもちろんサポートしてできるようにお手伝いをします。

 

 

 

このポーズは、どのクラス、どの時間、どんな人でも眠たくなるようです。

 

ぐらんぐらんとなって、力がどんどん抜けていって、頭がだんだん脚に近づいて

それくらい脱力できるし、気持ちいいポーズです。

 

 

日頃から凝っていることに気づき、こまめに伸ばしたり緩めたりして筋肉のご機嫌を伺ってあげてくださいね。

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808