ポジティブなストロークできてますか?

コミュニケーションを円滑にする方法の1つに

 

「ポジティブストローク」というものがあります。

 

 

ポジティブストロークとは、好感度をもって人が人に接するときに投げる言葉や行動

 

 

ストロークってよく使うのが、水泳の腕の動き、球技で球を打つなどに使いますよね。

 

 

心理学的には、人が人に投げるサインのことを表します

 

 

 

レッスン前にヨガ哲学の話や、心理学、解剖学、ポーズのことなど少し話ます

 

熱心に耳を傾けてくださる方、うなづいてくれる方、一緒に考えてくれる方がいてくれるとこちらは気持ちよく話できます

 

逆に、その人には興味のない話や関係ない話だと

 

別のことをする、スマホ触る、隣の人とおしゃべり、
そして話し手からするととても寂しい、

 

目を閉じて瞑想…

 

心が折れそうになりますが(笑)

 

ここはプロとして気持ちを強く、聞いてくれてる人に熱く語るのです

 

 

ここの前者の言動を「ポジティブストローク」といいます

 

言語的ストローク は、あいさつや名前を呼ぶこと

 

非言語的ストローク は、握手、タッチ、ハグなど身体的なもの

やさしいまなざしや、うなづき、微笑みもあります

 

 

 

また聞いている時の態度、声のトーンも大切です

 

 

このストロークは、「与えること」「受け取ること」があります

 

例えば、「〇〇さん!」と呼ぶのか、「ちょっとあなた!」と呼ぶか

 

話しを聞く時、うなづいて聞くのか、スマホ見ながら聞くのか

 

別れる時に、ハグや握手してバイバイするか、しらーっと電車に乗って行くか

 

皆さんも経験あると思います

 

ニコっとされて手を振ってくれると、こちらもついつい笑みが出るし気持ちいい!

自分が手を振ったら、相手もこっちをみて笑って返してくれるとやっぱり嬉しい。

 

 

またね!ってハグしたり、ハイタッチすると楽しかった時間を思い出して、また楽しい気持ちになる

握手した時、自分は片手なのに両手で握ってくれたら、こちらもまた両手で返す。

 

 

与えるほうも、受け取るほうも気持ちいいですよね

 

「人はみんな認められたいという承認欲求があるもの」

 

 

褒められると嬉しい、ありがとうと言われると嬉しい、ハグされると照れくさいけど嬉しい、

 

 

ポジティブストロークは、相手のことを見ていますよ、聞いていますよ、大事に思っていますよ

 

 

といった相手を肯定、承認することなのです

 

 

話をしている時、相手がうわの空に見えた時に

 

「ちょっと〜聞いてる?」

 

こんな会話ありますよね。

これも承認欲求です。

 

 

ちょっとした言葉や態度で、相手も自分も心地よくすることができます

 

ケンカしてしまった、気まずい雰囲気なった、嫌な気持ちになった、

 

 

 

 

そんなネガティブストロークをしてしまった時は、

あなたからポジティブストロークで修正してみるのもいいですよね。

 

まあ、だいたいこっちの気の使いすぎで、相手は何とも思ってなかったりしますが(笑)

 

自分を肯定するためにもポジティブストロークを使ってみてくださいね。

 

 

食事や睡眠、適度な運動、お肌や、髪などなど…

 

忙しい毎日を無事すごせているのも、身体あってのこと。

 

身体にポジティブストロークを与えると、心は受け取って気持ちよくなれます。

自己満足でもいいのです!!

 

まずはあなたの身体と心にポジティブストロークを!!

 

 

 

 

 

 

筋力も運も上げるにはトレーニング!

 

「運気」のことを聞いてきました!

 

先日風水セミナーに参加してきました。

 

 

風水は未来を変えることができる

 

と先生がおっしゃられていました。

 

その方法の中でいいと言われていたのが、

 

瞑想

 

 

瞑想することで運気が上がるそうです!

まさにヨガは運気をあげるツールです!

 

ヨガってポーズことだけではなく、長い時間瞑想をするための身体作りなんんです。

 

脚を組んで、背筋を伸ばして、呼吸を安定させるには、柔軟性や筋力、集中力が必要

 

みなさん全部揃ってますか?(笑)

 

 

あと、心に残ったこと。

 

「運のトレーニング」

 

 

良いことが続くという法則

 

 

 

 

 

よく言いませんか?

 

「こんないいことあったら、つぎ嫌なことがありそう…」

 

宝くじにでも当たったらいうかもしれませんが(笑)

 

私はここまで考えず、

「次は何が来るんだろう!今よりもっといいことが来るぞ〜」

 

欲張りな思考です。

 

 

トレーニングはどんな分野でもありますよね

 

筋トレであれば、少しずつ負荷を上げていって重いもの、大きいものが持ち上げられます

 

いきなりスクワット100回なんてできないです。

 

仮にできても、それこそ次に来るのは筋肉痛、もしかしたら痛めてケガになるかもしれません

 

 

 

 

運も同じです

 

少しずついいことを引き寄せていきます

 

いきなり大きい引き寄せが来ても、準備できてないと受けとれない…。

 

引き寄せの法則は、待っていても起こらない

 

本を読んでも来ません(来る人もいるかもしれないけど)

行動という、負荷をかけたトレーニングが必要です

 

四つ葉のクローバーだって、探さないとみつからない

 

 

 

 

 

まず自分のことを見ることからトレーニング

 

私はどんな未来を望んでいるのか?

 

それには何が必要か?

 

どこにいけばいいのか?

 

誰に会うといいのか?

 

運のトレーニングも少しづつ行動という負荷を加えていくことです

 

ヨガをすることもひとつの行動かもですよ!

 

運気をあげるトレーニング始めてみてくださいね!

 

 

あなたの「なんとなく」はどんなもの?

立春を迎え春が近づいてきますね

 

もう梅の花を見たという方もいらっしゃいました

 

梅の花の鮮やかな色は大好きな色で、ずっと見て入られます。

 

 

さて、私は心理学を3年ほど学んんでいます。

 

 

人の心を読むのだはなく、あくまでも自分の中身(内側)を観察して、人生を良くしていきたい!そんな学びです。

 

 

そこでいろいろな気づきがあります。

 

先日講座でテーマになったのが、

 

 

「なんとなくしていること」

 

 

 

 

通勤する道中、仕事の決まったルーティンの時、ご飯を食べる、歯を磨く、お化粧する、テレビやスマホを見る、

 

そして、息をする

 

沢山のなんとなくをしながら生活していますよね

 

 

そこにどんな感情があるか…

 

 

気持ちいい、うれしい、落ち着く、よかった、etc

 

逆に、

気持ちよくない、悲しい、寂しい、残念、etc

 

はたまた、

無意識、無感情

 

 

「なんとなく」だから何にも感じず、考えずなことが多いですよね。

 

 

そんな「なんとなく」に、今日から意識を向けてみてください。

 

 

なんとなくスマホやテレビを長くみることありますよね

あ〜面白かった、いい情報をゲットできた、通販でいいものみつかってポチッとしてワクワク

といったポジティブな感情だったらOK

 

 

あ〜またやってしまった、しないといけないことできてない…、私って意志が弱いな、

 

よくある嫌〜な気持ち

 

 

こんな気持ちが起こる「なんとなく」を少しずつ減らす、まさに生活の中身を断捨離していく

 

 

なんとなくが、なんとなくでなくなる

 

 

意識、目的を少しでも持って生活すると

 

 

心の中に余裕ができるのです

 

心がゆったりするだけで、毎日快適になれます

 

 

まずはあなたの毎日の「なんとなく」は何ですか?

 

それはあなたをどんな気持ちにしますか?

 

ちょっと自分に向き合う時間を作ってみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨガで「自立すること、頼ること」を感じる

 

ナオミヨガでは、プロップス(小道具)を揃えております

プロップス(小道具)は、身体の硬い方の味方にずいぶんと役立っています。

その中で頼れる存在が、

 

「ヨガブロック」

 

 

 

 

手が届かない、背骨を伸ばしたい、胸を開きたい、

そんなお悩みを解消してくれます

 

 

土日の朝のクラス、「ヴィンヤサフローヨガ」

 

しっかりと大きく身体を動かすスタイル

 

全身の筋肉を使い、シェイプアップや運動不足解消、ストレス発散の目的です

 

この日もブロックは活躍しました

 

このポーズは、軸足の伸ばし、背骨を真っ直ぐに、後ろ脚を頭の延長線上へとあげる。さらに、手を伸ばし、顔を横に向ける。

 

と言ったなかなかの難易度です。

 

まずはブロックに手をついて、軸足がしっかりと伸びたら、後ろ脚をお尻の高さまで。

 

 

 

ここでキープしてもいい、さらに腕を伸ばして、さらに顔を横へ。

 

 

 

 

お二人とも身体が硬いとはおっしゃいますが、うまく集中して完成!

そこでここからは、

 

 

「自立と依存(頼る)こと」

 

 

 

ブロックがあると、ついつい体重を乗せて頼ってしまいます。

 

小さいブロックは、大きな身体をしっかり受けてくれます。

 

 

でも小さいのであまりにも頼り過ぎると、グラグラ、ガタガタして不安になります。

 

 

身体はブロックに依存してるから、次の脚をあげたり、腕を伸ばすことが難しくなるのです。

 

私達の人生、生活にも言えることです。

 

誰かに頼る(依存)することも、もちろんあります。

 

 

何かに頼ることで、1人ではできないこともできるようになることもあります。

 

 

別の言い方にすると「お願いする(依頼)」

 

 

「軸足をしっかり伸ばして、地面を力強く踏み自立する」

 

 

一旦ポーズが完成したら、とても安定します。

 

余分な力も抜け、ゆっくりと呼吸をして、視界に入るものをじっとみることができます。

 

そして、次のステップへと進めるんですよね。

 

 

 

 

まさに、生き方の理想ですよね

 

マットの中で、自立することが学べたら、マットの外でも自立したあなたを作れます。

On the math Mat,

Off the Mat

 

マットの中で、マットの外で。

 

 

 

 

心のダイエットも大切です

 

 

 

そろそろ半袖になる頃ですね。

朝晩はひんやりした感じですが、お昼は暑い・・・

 

 

7月初旬並み、天気予報では言っていますし、

 

「今年は去年より暑いそうやで」

 

と毎年恒例の、「去年より〇〇らしいで」のワードも耳にしはじめましたね。

 

 

美容・フィットネス業界では、夏前のキャンペーンとやらが始まります。

 

「夏までに痩せる!」

 

そう思われている方も多いのでは。

そんな私もそうです(笑)

 

 

身体は余分な脂肪を落とすために、

運動する、食事制限する、筋肉をつけて引き締まったボディラインをめざす。

 

 

 

 

そこで私は言いたい!

 

 

心のダイエットは?

 

 

 

ヨガ哲学の中のひとつ、

 

 

 

アパリグラハ=貪らない(むさぼらない)

 

 

 

欲ばらないこと

執着しないこと

 

 

言い方を変えると、

 

手放す、こだわらない、与える、考える、かな。

 

 

 

貪る(むさぼる)=貪欲

 

貪欲…

 

 

あれもこれもほしい

あれもこれももっていたい

これをあげたからあれをしてほしい

 

 

執着ともいう。

 

 

 

文字だけみたら、とっても意地悪とか、傲慢な人みたい

 

 

 

そして、文字だけみたら、

 

「こんな人は嫌だ!」

 

 

言語化って大事といいますが、

 

アパリグラハ=貪る

 

だけを書いてもピンと来なかったのですが、

 

 

貪欲のことをいろいろ書くと、めっちゃ嫌な人やん!とつくづく思いました。

 

 

 

 

誰だっていやですよね。

でも、だれでもこんな感情ありませんか?

 

 

 

ヨガ哲学って、人それぞれに解釈が違うのも面白い。

みんなそれぞれの人生の経験から振り返って、照らし合わせて解釈するのでここでは、私の理解で続けますね。

 

 

 

 

人間は欲ってものがあるので、あれもほしいこれもほしいってあります。

 

 

 

この欲が、いい意味ではやる気や前向きな気持ちにさせてくれます。

 

 

行動力も出してくれます。

 

 

悪くいえば、執着ともなります。

 

 

 

あれもこれも私のもの、誰にもあげない

 

 

 

私がこれだけ愛情を注いだんだから、それと同じくらい、むしろそれより返してほしい

これもあれもまだ使えるから捨てない

(実際は使ってないとか、置く場所がなくなっている)

 

 

 

 

貪る

 

口にどんどん食べ物を詰め込むように聞こえます。

 

 

 

まさに子供状態です

 

彼らは、今成長の段階ですからあれもこれもが必要

 

たくさん手に入れて個人が出来上がっていきます、心も身体も。

 

そして、得たものを使い、行動いっぱいするから

 

 

太らない!

 

 

 

大人はどうだろう

 

 

あれもこれも手に入れても、使わない、置き場所がない、手に入れたことも忘れる、

 

 

 

心も身体も許容量を超えると、

 

 

もうはいりません・・・

 

 

 

 

 

身体は許容範囲を超えると、痛みや違和感を出してきますから気づきやすい。

 

 

反面、心は黙って受け入れています

 

 

貪欲さが、生きるモチベーションにもなる人もいますから気づきにくい。

 

 

 

身軽な心や身体にすると、肩の力が抜けてきっと毎日が穏やかになるのでは。

 

 

 

アパリグラハ(むさぼる)は、欲求を満たしてくれるものの、

自分自身を疲れさせます。

 

 

私が私が。という感情が少なくなると、周りの人に優しくなれるはずです。

思いやりの心になっていきますね。

 

 

 

身体のダイエットや健康はもちろん、そしてもっと大事な

 

 

心のダイエット。

 

 

 

 

あなたの心の中は、あれもこれもでいっぱいになってませんか?

 

いっぱいになっている心を断捨離、ダイエットして、風通しのよいスペースを作ってくださいね。

 

「盗まない」ということは、余裕を持つこと

GWいかがお過ごしですか?

いつもより世の中が、お休みのモードになっています。

気候もよいこの時期には、身体の調子もよく、心の状態も落ち着きやすい頃です。心身ともにいい状態だと、落ち着く余裕ができやすいです。

そんな余裕を持つことを、ヨガ哲学からお伝えします。

 

 

ヨガ哲学の中にはたくさんの生き方についての話があります。

 

そのなかのひとつに、

 

「アスティヤ」  盗まない

という教えがあります

 

 

 

物を盗まないというのは大前提なのですが、生き方、生活にも置き換えられます

 

例えば

待ち合わせ、約束をしていたとします

 

遅刻するってことありますよね。

これは、相手の時間や、期待を盗む

 

 

荷物が多いから座席の横に置く、誰かが座れる席を盗む

 

 

これは、よく例えられます

 

つまり自己中心的になっているのです

 

遅刻しないように。

 

何時に待ち合わせだから、

 

何時に電車にのる、

 

何時に家を出る、

 

何時から準備する。

 

こんな行動は、自然と相手の時間や期待を盗まないことになります。

 

さらには、自分自身の行動や考え方に余裕がでてきます。

 

 

時間も

気持ちも

行動にも

心にも

 

自分にも相手にも、心地よい快適な関係

 

が与えられることになります

 

 

自分の心と身体に余裕を与えてみることからはじめませんか?

 

 

身体が硬くなってきた

 

呼吸が浅くなっている

 

朝起きるのがおっくうになってきた

 

寝つきが悪い日がある

 

疲れが取れない

 

イライラしやすくなっている

 

いつも急いでいるかもしれない

 

人の言動に気分が左右されやすい

 

などなど・・・

 

 

身体や心の疲れたサインを見つけたら

 

ストレスや余裕がないなって感じたら

 

目を閉じて、ゆっくり深く深呼吸してみるものいい。

 

 

 

呼吸、気(エネルギー)、血(血液)、水(水分)がしっかりながれるスペースをつくりましょう

 

ガチガチに固まった身体にはそれらが入っていく場所の余裕がない・・・

 

休みたいのに落ち着く場所がない・・・

 

ヨガはそんなあなたの心と身体に「余裕」というスペースを与えてくれますよ

 

 

自分で自分をアスティヤ(盗まない、余裕をもつ)できるといいですね

 

 

受け入れて、手放すこと

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

わかっているのだけど、手放せないものってありますか?

 

 

それは、物だったり、出来事、想い、環境、肩書き・・・

 

 

以前、友人と京都の両足院座禅をしたことがありました。

 

瞑想が苦手なのでどううなることか心配でした。

 

 

朝の8時30分の早朝にもかかわらず、多くの方参加されていました。

 

とてもいい経験とお話しが聞けました。

 

 

座禅をする際に数息観(すうそくかん)という呼吸の数を数える方法で、呼吸をする。

 

 

「ゆっくり吸って、その息を身体にいったん送り、ゆっくり吐く」

 

 

私たちは頭の感情で生きているが、もっと身体の隅々に意識を向けて命を感じるべきである。

 

呼吸をしながら、頭の思考だけの自分ではなく、身体の隅々までが自分であることを自覚する。

 

 

健康であることに感謝する。

「ゆるめる、ほどく、手放す」

 

いろいろな感情や考えごとがあって、それを一旦自分の中にうけいれて、そして思いを手放す。

 

 

 

 

するとまた新しい感情や思いがやってきて、また受け入れて、手放す。

 

人生この繰り返しではないでしょうか。

 

いまなら、桜の花びらは桜の木が手放したもの。

 

 

花びらを手放すから、新しい葉が出てくる。

 

 

 


どんどん新しいものを手に入れることも大切ではあるが、

 

手放すことも、美徳であることも感じましょう。

 

日本人はこういった手放す美徳を知っているから桜に美を感じるのではないのでしょうか。

 

とっても素晴らしいお話しが聞けました。

 

ヨガも仏教もともにインドからなので共通することがたくさんでした。

 

手放すこともヨガ哲学のなかにあります。

 

 

 

世の中、「出す、手放す」ことからエネルギーは循環していきます。

 

手放せないのは、不安のあらわれ、執着ともいいます。

 

息を吐くから吸える。

 

手放すから、新しく入ってくる。

 

仕事をすることでエネルギーを出すから、

お金となってご飯がたべれる、生きていける

 

 

いまの自分には、

 

どんなことを手放せばいいのか…

 

 

日々忙しく1日が終わってしまいます。

 

少しあなたの中を考える時間を作ってみてくださいね。

 

 

 

そんな心にピンとくるお話は、ヨガの教えの中でたくさんあります。

 

心にいい話、身体にいい時間になるトークライブします。

 

 

トークライブ「ヨガいい時間」のご案内

 

 

ヨガを始めるきっかけにもなるかもしれませんよ。

 

 

ほっとする話やヨガの動きで、あなたの心と身体にいい手放しをしませんか?

 

ストレスにもヨガがいい。

 

企業(従業員50名以上)でストレスチェックが義務化されました。

 

ストレスチェック★★★

 

 

どうでしたか?

 

メンタルヘルス、心の健康

 

 

私達は必ずといっていい程大なり小なりストレスを感じて生きています

 

生活、仕事、社会、家庭、人間関係、ハイテク化などなど

 

 

また人それぞれストレスの受け皿の大きさ、深さも違います

 

ストレスをすごく受けていても感じない人もいます

 

 

企業では仕事でのストレス対策を積極的にするところもあるそうです

 

 

例えば休憩時間をまめにとらせる、

長時間のデスクワークに軽食を準備して席を立たせる、

マッサージチェアーを設置する

就業前後のヨガのレッスンまで

 

 

身体の疲れ、ストレスは心にも影響します。

 

イライラ、怒り、面倒に感じる、不安、眠れない、

 

身体の不調のみならず、心もネガティブになります

 

 

しかし逆もあります

 

 

身体が快適、ストレスに強い身体は心の状態も良いです

 

ワクワク、すっきり、フットワークが軽い、人に優しく、明るい

 

 

こんな状況になったことは、誰しも1度はあるのではないでしょうか

 

 

心も身体もストレスレスになるには、ヨガもいいですよ。

 

 

ヨガは身体を動かし、ゆっくりと深い呼吸をすることで、

自律神経(活動モードとリラックスモードの2つの神経)のバランスを整えます

 

 

ストレスを受けると、「交感神経」という活動モード(戦闘モード、やる気)の神経が活発になり、呼吸が浅くなり身体は硬くなります。

(人間やるぞー!という時は力が入り鼻息あらくなりますよね)

 

 

 

そこでヨガをすることで、まず緊張をほぐしていきます。

 

すると心の状態が落ち着いてきます

 

心が落ち着いて穏やかになってくると呼吸がゆっくり深くなっていきます

また逆もありで、呼吸を整えると心が落ち着きます(気分を変える時など、ため息や深呼吸をしますよね)

 

 

心(落ち着く)

呼吸(深く、ゆっくり)

身体(ゆるむ、柔らかく)

 

 

ストレスによってバラバラになっていた3つがつながっていくのです。

 

 

 

そこで、私のクラスでは必ずといっていいほどするポーズ

 

 

セツバンダアーサナ

 

 

このポーズは、背骨の仙骨という尾てい骨の上の骨を刺激します。

 

この仙骨に自律神経の根っこがたくさんあると言われています。

 

 

ヨガブロックを仙骨にあてて数分間ホールドします。

 

 

お腹や脚の付け根も伸びます。ストレスを抱えると硬くなる胸の筋肉も伸びます。さらには、骨盤調整もしてくれます

 

 

はじめは高さを低くして行います。慣れてくると高くしてさらに刺激を高めます

 

 

リラックスモードの神経を活発にしてくれ、終わった後は心も身体もスッキリ。

 

 

最近ちょっと身体も心も疲れているかも、休んでないなぁ、そんな方はぜひヨガを取り入れてみてくださいね

 

ストレスに負けない身体をヨガで作りませんか?

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

毎日続けていることは何ですか?

 

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

私は毎日続けてしていることのひとつに、日記を書くことがあります。

この文庫本サイズの日記は、マイブックというタイトル。

 

 

365日、1日1ページ、日付と曜日しか書いていません。白紙のページにあれやこれやの気づきを記録しています

 

 

 

あと、もうひとつ。

 

陰ヨガのポーズはほぼ毎日続けています

 

その日によりますが、これは100%しています

 

 

 

何度かこのブログでも紹介しているポーズです。

 

疲れをとったり、気をあげたり、背骨を整えます。

 

 

「あなたが、毎日続けていることは何ですか?」

 

 

 

日本のヨガマスターのお言葉より

 

 

佐保田鶴治氏は、日本ヨーガの第一人者の1人の言われています

 

 

ある本で彼を知るキーワードがありました

 

 

 

「日頃のヨガ」

 

体操(ポーズ)の難易度や時間の長さはそれほど重要でない。

 

毎日一定の時間に規則正しく実習することが、何より重要なポイントなのだ。

 

「日頃のヨガ」を実践すれば、精神的な安定にも作用する

 

 

これヨガ以外のことでもそうですよね

 

 

あーしたくないなー

あー面倒だなー

あー今日はいいかなー

 

 

気持ちに左右されず淡々と毎日繰り返すことは、後に大きな成果になる

 

それを毎日したことに自信がつき

 

心がどんなことでも揺るがなくなる

 

休むこともあるけど、積み重ねた時間が長い人はきっと成果も自信もつく

 

完璧に毎日規則正しくは難しくても続けることに意味がある

 

 

と改めてヨガのマスターから教わりました

 

 

 

「日頃のヨガ」始めてみませんか?

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

あなたは今までの積み重ねでできている

 

 

以前受けた講座での話の中から。

 

1日、2日で悪くならないし、1日、2日で良くもならない

 

 

なんだか疲れやすい、

姿勢が悪くなってきた、

睡眠不足、

腰痛、

ひざ痛、

肩こり、

スポーツのケア不足、

視力が落ちてきた、

消化不良、食べ過ぎてしまう

などなど

 

 

 

 

つまり、

1日、2日で悪くならないし、1日、2日で良くもならない

 

 

今までの日々の積み重ねで、良くも悪くも今の自分があります、

 

またこれから先の自分は、今この時間を含め積み重ねています

 

 

何か気づいて修正したり、考え方を変えたりできるようになれば、

 

 

もしかしたら、あなたの感じる不調はいまより軽くなるかもしれません。

 

 

 

 

同じ姿勢でパソコンをじーっとみている、

細かい作業を猫背で続けている、

運動したものの後のケアをしていない、

人間関係でストレスを感じている、

いつもお腹いっぱいまで食べてしまう、

寝る時間が遅い、睡眠時間が少ない、

運動不足がずーっと続いている、

 

 

塵も積もれば山となる

 

後で何らかの症状がでてきてから反省します。

 

 

 

 

明日、明後日、この先何年、何十年と

 

健康でいきいきとした毎日を過ごしたいなら

 

今からコツコツと、日々の積み重ねの良いアクションを起こしたいですね

 

 

 

そのひとつにヨガをはじめてみませんか?

 

 

 

スペースがあれば誰でも簡単にできる

自分の体重をつかって行うので筋トレにもなる

全身バランスよく動く

ヨガの前は食事を控える、終わってからも空腹感が少ない

ゆっくりした動きなので、これから運動をするための体力の準備ができる

人のことが気にならなくなってきて、自分のことに集中できたり、頭の中を空っぽにする時間をもてストレス解消に

 

 

ヨガは、心や身体をケアしてくれます

 

 

身体の調子がよいと、心(気持ち)の調子もよくなります

 

お仕事も、家事もさくさくこなし

 

人間関係もスムーズになると、ストレスも軽くなるはず

 

そうなれば周りのみんなにも優しくなれます

 

自分が変わればまわりも変わるって言いますよね

 

 

 

まずはヨガの基本である、背筋を伸ばして、深呼吸から。

 

 

自分を変えるには、焦らずコツコツと積み重ねていく

 

 

何事もこの考え方で丁寧に毎日過ごしたいですね

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808