ダイエットで知っておきたい数字

 

ダイエットしたい方も、あまり気にしていない方も

 

知っておきたい数字があります!

 

 

 

 

昨日、レッスン先のフィットネスクラブで計測しました。

 

身体の中の数字。

 

紙がしわしわで申し訳ないです・・・

 

 

 

 

ここで公表するような数字ではないですが、

 

まずざっと見て、女性ならまず体重に目がいきますよね。

 

え??53Kg

 

重いです。競技選手バリバリのころは50Kgでした。

 

若さもさることながら、身体を動かす量が今の3倍くらいあったと思います。

 

でも除脂肪量(脂肪を除いた重さ)が高くないのでよしとします。

 

下の写真にある、基礎代謝量

 

 

これが大事です。

 

これは、何もしなくて寝ていて呼吸をしているだけの

1日の消費カロリーです。

 

 

生きていくのに必要なカロリーともいえます。

 

 

ここに生活での消費カロリーをプラスしていって、1日トータルどれだけ消費したか。

 

 

 

そして、その1日の総消費カロリーに対して

どれだけカロリーを摂取したかが大きなポイントです。

 

 

 

 

基礎代謝が計算できますよ★★★

(若干の誤差はあります)

 

私の場合、基礎代謝が1133カロリー

 

生活での消費カロリーをプラスして、たとえば2000カロリーを1日で消費するとします。

 

 

朝昼晩の食事や間食が2500カロリーとします。

 

2500(消費)-2000(摂取)=500カロリー

 

500カロリーが貯蓄されてしまいます。

 

 

このプラスの余ったカロリーが、つもりつもって9000カロリーになると、脂肪1Kgと変わります。

 

逆に1kgのダイエットをしたいなら、9000カロリー消費しないといけません。

 

大変です・・・

 

食事をコントロールするか、

 

消費カロリーを増やすか

 

どちらかです。

 

消費カロリーを増やすなら、

 

①基礎代謝を上げる

 

②運動量を増やす

 

基礎代謝は、筋肉量が減ると高くなります

 

 

運動すれば、筋肉も増えるし、消費カロリーも増える!!

 

夏は、ダイエットしやすい季節と言われています。

 

 

 

少しずつ動いて基礎代謝UP、太りにくい身体作りを目指してみてください!

 

 

またストレスは、自律神経のバランスを崩す原因のひとつ

 

乱れると食事量が増えやすいのです。

 

呼吸を整えることが自律神経のバランスをとります

 

そこでヨガは、とても効果的です!

 

 

☑消費カロリーを増やす

☑基礎代謝をあげる

☑運動量を増やす

☑呼吸を整える

 

 

健康的な身体になるために、

あなたの身体の数字を知ることもいいことですよ!

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

手の疲れから、冷えていませんか?

 

これを読んでくれている方で、パソコンを使用してのお仕事や、

 

ついつい、スマホのとりこになってしまう方は多いのではないでしょうか?

 

 

 

手は細かい作業をするので、細かい筋肉がたくさん集まっています。約30個の筋肉があります。

 

 

その筋肉は筋膜とともにつながり合っています。

 

筋膜は私たちの身体のすべてのものを覆っています。包んでいるともいえるかな。

 

 

筋膜は、ほぼほぼ水分でできています。

そして、筋膜は使い過ぎることで硬くなります。

 

 

全身の筋肉や骨はつながっているので、指が硬くなることで当然つながっているほかの部分も硬くなります。

 

 

水分や血液が流れにくい。

 

 

指からの筋肉は、手首、肘をこえて二の腕や肩、首へとつながっています。

 

指の関節の痛みとなることもあれば、肩コリになる、そして冷えにもなります。

 

 

手足の筋肉は、ストレッチするけど手の指のストレッチをしていますか?

 

 

 

丸いボール状の物に、指をぐぐぐいっと差し込みます。

 

 

指と指の間が広がります。細かい動きで、酷使している指に伸びる心地よい感じが得られます。

 

指の水かきの部分が、パカーっと。

 

痛気持ちいいです。

 

 

あと、

 

冷えていませんか?

 

 

私は指や手首から肘にかけてのコリを感じるたびに、

ハンドバスをします。

 

 

洗面器やバケツにお湯をいれ、手を温めます。

 

指がかなり軽くなります。

 

 

 

もっと大きな器だと、肘の方までつけると更に、効果的!

 

 

いつもハンドバスする度、冷えてたのがわかります。

 

ぜひ、指の開きとハンドバスお試しください!

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

【ヨガポーズ】寝つきがよくない、寝れない

 

 

春眠暁を覚えず

 

 

 

なんて言葉がありますね。

 

 

 

 

 

 

春は寝心地がいいので、朝になったことも気づかず寝すぎてしまう

 

 

 

といった意味です

 

 

☑朝起きるのがつらい

 

 

☑しっかり寝たのにまだ眠い

 

 

☑昼間もとにかく眠い

 

 

 

 

そんな日は、どこでも一瞬で寝てしまいますよね

 

 

ところが、寝つきが悪い、眠れない・・・

 

 

 

なんて日もあったりしませんか?

 

 

 

「寝れない、

 

寝れない、

 

寝れない、

 

あー寝ないと明日がしんどい・・・」

 

 

 

 

頭は「寝る」ことに集中していきます。

 

開き直って、眠たくなるまで起きておこう!って思えればいいけど、

 

 

 

仕事があったり、家族の為に早く起きないといけない

 

 

 

あーー寝れない!!

 

「眠たくなる」には、自律神経のバランスが大切。とよく言いますが今回は、ヨガのポーズでこのお悩みを解消できたら。

 

 

頭(脳)が活発、刺激になることをするとエネルギーが上に集まります。

 

 

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つがあります。

 

交感神経は、起きているとき優位

 

副交感神経は、休んでいるとき優位

 

この2つが、バランスをとっています。

 

 

 

自律神経のお話はこちらで、https://ameblo.jp/yoga-asta-naomi/entry-11962726127.html

 

 

リラックスのポイントとなる、副交感神経を優位にするのが、睡眠の大きなカギとなります。

 

チャイルドポーズ

 

子供のポーズともいいます。

正座の形からお尻をかかとにのせる。

 

 

 

これは、とても簡単ですが意外と生活の中では、こんな形しませんよね?

 

寝る前にこのポーズで、神経を落ち着かせ、頭の中を軽くしていきます。

 

 

また、朝にするのもおすすめです

 

起きて布団の上でもできます。

 

 

寝ている間に硬くなった背骨をほぐしてくれます。

 

 

朝はこのポーズからの、二度寝はご注意ください。

 

遅刻しても、責任を負いかねます(笑)

 

 

 

 

眠たいときは寝る!

 

寝れないときは、チャイルドポーズ!

 

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

O脚の改善・予防になる動き

 

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

 

GWも終わり、心も身体も少しずつ活動モードに気持ちを切り替えねば・・・

 

 

身体を動かすことは、気の流れを促進するので、やる気や前向きな気持ちになります。ちょっとした運動でスイッチONにしませんか?

 

 

今回のテーマは、

 

 

「O脚の改善と予防」

 

 

 

いかがですか?

 

思い当たる方も、心配無用の方も読んでみてください

 

損はしないと思いますよ(笑)

 

 

 

O脚の方は、老若男女みてみると結構いらしゃいます。

 

女性はスカートがあるので見えないこともありますが、

男性がこれまた結構多い。

 

 

もともとの骨格の問題もあります。

 

本来は太ももの骨は、真っ直ぐではないんです。

 

 

 

イラスト右側が、正常な太ももの骨の形

 

 

 

少し内側に入っているのです。

 

 

 

 

O脚さんは、イラストのように外へと広がっています。

 

 

チェック(透過)歩行の時、重心が小指にかかっている

 

チェック(透過)内ももの筋力低下

 

チェック(透過)骨盤の後傾(腰が丸くなるようなかたち)

 

が簡単な理由であげられます。

 

 

 

 

ピラティスのエクササイズにも、ヨガのポーズにも改善、予防の動きがあります。

 

 

 

 

かかと上げ、つま先立ち運動

 

踵、内くるぶしを引っ付けるようにします。お尻がきりっとしまります。お腹も凹めます。

 

 

 

 

そのまま、つま先立ち、背伸びします。

 

ただし、左右のかかとや内くるぶしがはなれないように!!!

 

 

 

 

これが内ももを使うのです!

 

10回上げ下げします。3セットほどしましょう。

 

 

 

 

脚閉じスクワット

 

膝を両手で内側に押して、離れないように屈伸します。

 

 

 

これも10回3セットを目安に!

 

 

いまは、O脚じゃなくても、予防にもなります。

 

また、内ももの筋肉は弱いので、引き締めましょう!

スリムなパンツが素敵に着こなせますよ!

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

松井山手教室、宇治教室も体験レッスン受け付けております

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

【ヨガポーズ】腰痛の原因はスマホにも。

いまスマホみながら、こんなことなっていませんか?

 

あるある姿勢。(⇧このイラストかわいいです)

 

スマホの最中の姿勢は怖い・・・

 

ひな壇芸人さんがそろってしそうな「ずっこけそうな、おい~!とか言って、ボケに反応した時みたいな(笑)」姿勢。

 

 

この姿勢、腰にすごく負担かかっています。

 

 

背骨は大きく3つに分けられます

 

 

 

「腰、胸、首」

 

 

数にして、26個(人によっては多い人もいます)

 

それぞれがバランスをとるように、カーブしながら積み重なっています。

 

腰の部分はおへその方、前にカーブしています。

 

背骨全体のカーブを「S字カーブ」なんていいます。

このカーブは、衝撃を緩和するためです。

 

 

 

 

この姿勢は、おへそが背骨の方、背中の方に近づいています。

本来は前にカーブしているのが普通ですが、これは逆になるので

 

無理矢理に背骨を丸めている状態。

 

苦しいです、背骨。

 

そんな姿勢になってしまったら、本来のカーブにもどしてあげましょう!

 

 

シールポーズ (アザラシのポーズ)

 

うつ伏せになり、肘をつきます。

腰の背骨がぐぐっと圧迫されたような感じになります。

 

 

 

お腹、お尻の力を抜いて、ゆっくりと呼吸をします。

 

 

吸う息が、腰にながれて腰が膨らむように。

 

息を吐く時に、背骨が地面に沈むように深くはきます。

 

2~3分キープします。

 

 

 

 

もの足らなければ、膝をまげそのままキープ。

 

 

 

まだもの足らなけれが、そのまま肘をのばします。

 

 

 

ずっこけ姿勢になってしまったら、

そのあとは腰のリセットを忘れずに!!

 

 

このポーズはスマホからのみならず、姿勢がよくない理由での腰痛にもいいですよ。

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

「盗まない」ということは、余裕を持つこと

GWいかがお過ごしですか?

いつもより世の中が、お休みのモードになっています。

気候もよいこの時期には、身体の調子もよく、心の状態も落ち着きやすい頃です。心身ともにいい状態だと、落ち着く余裕ができやすいです。

そんな余裕を持つことを、ヨガ哲学からお伝えします。

 

 

ヨガ哲学の中にはたくさんの生き方についての話があります。

 

そのなかのひとつに、

 

「アスティヤ」  盗まない

という教えがあります

 

 

 

物を盗まないというのは大前提なのですが、生き方、生活にも置き換えられます

 

例えば

待ち合わせ、約束をしていたとします

 

遅刻するってことありますよね。

これは、相手の時間や、期待を盗む

 

 

荷物が多いから座席の横に置く、誰かが座れる席を盗む

 

 

これは、よく例えられます

 

つまり自己中心的になっているのです

 

遅刻しないように。

 

何時に待ち合わせだから、

 

何時に電車にのる、

 

何時に家を出る、

 

何時から準備する。

 

こんな行動は、自然と相手の時間や期待を盗まないことになります。

 

さらには、自分自身の行動や考え方に余裕がでてきます。

 

 

時間も

気持ちも

行動にも

心にも

 

自分にも相手にも、心地よい快適な関係

 

が与えられることになります

 

 

自分の心と身体に余裕を与えてみることからはじめませんか?

 

 

身体が硬くなってきた

 

呼吸が浅くなっている

 

朝起きるのがおっくうになってきた

 

寝つきが悪い日がある

 

疲れが取れない

 

イライラしやすくなっている

 

いつも急いでいるかもしれない

 

人の言動に気分が左右されやすい

 

などなど・・・

 

 

身体や心の疲れたサインを見つけたら

 

ストレスや余裕がないなって感じたら

 

目を閉じて、ゆっくり深く深呼吸してみるものいい。

 

 

 

呼吸、気(エネルギー)、血(血液)、水(水分)がしっかりながれるスペースをつくりましょう

 

ガチガチに固まった身体にはそれらが入っていく場所の余裕がない・・・

 

休みたいのに落ち着く場所がない・・・

 

ヨガはそんなあなたの心と身体に「余裕」というスペースを与えてくれますよ

 

 

自分で自分をアスティヤ(盗まない、余裕をもつ)できるといいですね

 

 

【ヨガポーズ】腰はお尻も伸ばすといい

腰痛はいろいろな原因があります

 

痛いといっても人それぞれの痛みです

 

ヘルニアなどの病院にかかるものではない

 

運動不足から、

姿勢不良から、

長い時間、座っていたり、立っていたり

 

ほとんどの方が凝っている、だるい、縮まっているような感じではないでしょうか?

 

 

腰を丸めたり、反らしたりもいいです

 

あと、

 

「お尻を伸ばす」のもいいです

 

おしりの筋肉って1つではなくて、いくつもの筋肉からできています。

 

おしりの外側や、中心、上や下の方、さらには奥にも。

 

 

奥の方にある「梨状筋(りじょうきん)」という筋肉があります。

洋梨を横にしたような形の筋肉。

 

これが、腰とつながっています。

この梨状筋が凝ったり、縮まったりすることで同時に腰の筋肉も凝ったりします。

 

なので、おしりの筋肉を柔軟にすることも腰痛改善、予防には効果が期待できます。

 

 

 おしりを伸ばすポーズ

 

右脚のかかとを左脚の膝にのせる

 

 

左脚をあげて右脚と左脚の間から

腕を通してつかむ

右脚のお尻から太ももの外側が伸びます

 

 

 

伸びたらそのまま、ゆっくり丁寧に呼吸します

2~3分を目安にします

 

長くできるなら5分くらいでも大丈夫です

 

 

 

夜寝る前にすると、日中の腰やおしりの疲れがほぐれ、さらに朝起きた時に腰が軽く感じます。

 

また。朝すると寝ている間に固まっていた腰が伸びて、気持ちよく1日がスタートできますよ。

 

 

身体って、たくさんの骨と筋肉が、共同作業で動きます。

 

腰が疲れているかた、おしりの筋肉はどうですか?

 

疲れたまってませんか?

いよいよ花粉の飛散が、本格的になりましたね。

 

 

先週末あたりから、鼻、目、のどにきています。全部ですが・・・(笑)

 

 

 

ヨガをしている間は、花粉症のことをわすれてゆっくりできる時間です。

 

 

花粉症にお悩みの方で、

 

 

夜の睡眠が浅くなることで疲れやすい、

 

疲れがなかなか取れない、

 

 

といったお声をよく聞きます。

 

 

睡眠は身体の気のチャージをする時間。

 

フル充電できていないままで、次の日も過ごすと疲れはとれるどころか、蓄積していってしまいます。

 

なんだか疲れてませんか…?

 

 

若い頃は、寝たら次の日はリセットされてささっと動けていたけど、

 

ここ最近はどうも違う

 

寝るだけでは疲れがとれない

 

 

そんな時は、疲れをとる陰ヨガポーズを。

 

 

ツイストルーツ

 

右脚を左脚に引っ掛けます

 

 

 

そして、左側に倒します

 

 

腰やお尻、太ももの外側が伸びていたらいいです

 

ねじるポーズは

 

☑疲れをとる効果

☑縮んだ背骨を伸ばす

☑気のめぐりをよくする

☑リラックス効果が高い

 

床にだらーっと寝転がりぼーっと捻るだけです

 

 

3分くらいを目安にします。

そして反対側も忘れずおこないましょう。

 

もっと長くしても大丈夫ですよ

 

 

今日1日あったことを思い出したり(ポイントは良かったことを思い出しましょう)

 

明日のことを考えてみたり、

 

身体のどこが疲れているのか感じてみたり、

 

今、どんな呼吸しているのか感じてみたり

 

そんな今の心の状態を観察する

 

 

無理に頭の中を空っぽにすることないです

 

気がつけば、時間がいつの間にか空っぽにしてくれています

 

はたまた、いつの間にか寝てしまう

寝落ちしないように、お気をつけくださいね!

 

 

寝る前に身体の疲れと頭の疲れもとると、

 

きっと朝はスッキリ目覚めると思いますよ

 

ぜひ試してみてください。

 

 

今日は寒くなりそうです。花粉に負けず、良い1日をお過ごしください。

 

 

現在募集中の講座「生き方を変えるYOGA」~心理学とヨガで自分を大切にすることを知る~。「自分を大切にする」って何をイメージしますか?生きていく中で自分に正直に、本当の自分の気持ちはどなのか?心と身体から気づき、感じていく講座です。詳しくはこちらから➡http://yoga-asta-naomi.com/?p=959

 

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」、

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

食べることより、もっと大事なこと。

 

私たちが生きていく上で、とてもとても大事なこと。

 

「呼吸すること」

 

 

とても浅い、短い、止まっていることもある。

 

また、意識すると上手く吸えない、吐けないって方は多いんです。

 

 

ヨガのレッスンをするようになって、当たり前のようにしている呼吸を当たり前にしないようにしています。

 

食べることは、絶対にわすれないのに・・・

 

 

呼吸しないと生きていけないのに、そんなことは考えもしないで、

食べることに目が向いてしまう

 

 

今回は、少し呼吸のこと考えてみましょう。

 

 

「私たちがしている呼吸の数ってどのくらい?」
 

 

ご存知ですか?

「???」ってなりますよね。だった当たり前にしているのですから。

 

あなたは1分間に何回呼吸していますか?

 

 

では、1時間、1日では何回ですか?

 

 

 

理想は、

1分間に15回(実際の平均は18回)

60分で900回、24時間で21,600回

 

 

ちなみに

 

まばたき 15~20回/分  (約1080回/時間)

 

歩く 平均6500歩/日

 

噛む 1850回  (3回の食事の合計平均)

 

 

まばたきはかなりの回数になりますが、寝ている数時間はしていません。

 

 

歩く、噛むはやめることができても、呼吸はやめられない。

 

 

 

しかもこの呼吸数は、理想回数で実際は浅い呼吸で数が多い。

 

 

深い呼吸は体の隅々まで酸素をおくってくれる。

 

深い呼吸は気持ちを安定し落ち着かせてくれる。

 

そして、呼吸から気(エネルギー)を得ています。

 

 

いつも当たり前のようにしている 「吸う、吐く」

 

もっと丁寧に1回1回を大切にしたいですね

 

 

 

ちなみに、ハムスターは1分間に 約135回

 

象はなんと、約6回です

 

両方とも一生の呼吸数は、約3億回といわれています。

 

 

 

 

呼吸が、ゆっくり長い象の寿命は、約70年、

呼吸が、早くて短いハムスターは約3年

 

 

長生き = 長い息(呼吸) です

 

 

 

ヨガのマスターはみなさんとっても長生きです

今から、ゆっくりとした呼吸と行動をこころがけたいですね。

そして、1日何回かは、深呼吸で身体の中を新しいエネルギーで満たしてくださいね。

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808
 

 

 

脚が高く上がるコツと伝えたところ・・・

 

土曜日・日曜日の朝は「リフレッシュヨガ」を開講しております。

 

先日の日曜日のレッスンでしたポーズ。

 

ダウンドッグという名前のポーズから、片脚をあげるという「ダウンドッグスプリット」

 

皆さんの動きをみて、楽に脚が高くあがるコツを伝えたところ・・・

 

すると、みんな一気に上がる!!!

 

 

 

 

 

先生は嬉しいです!!

 

 

筋肉と骨で身体は動いています。

力を入れて筋肉を動かすと、関節(骨)の動きが制限されてしまうんです。

 

 

例えば、文字を書く時腕の筋肉はリラックスしてますよね。

 

ところが、指や腕にガチガチに力を入れると、文字がガタガタになり、大きく書けません。

 

 

 

力を適度に抜いているから、伸び伸びと文字がかけます。

書道はとくに、力んでは書けませんよね。

 

 

 

 

ヨガもポーズをする時も、まったく同じです。

 

「よっっしゃ、やるぞ!!」

 

 

って構えると力が入って、骨が動かず硬い筋肉をさらに硬くして動いてしまいます。

 

 

となると、「ヨガはキツい」、「やっぱり無理や…」なんてことになるんです。

 

 

筋肉のスイッチを緩くして、まず骨を動かす

 

 

そうすれば、自分の骨や筋肉の可動域(動かせる範囲)いっぱいに動くことができます。

 

余分な力を抜いて、最小のエネルギーで最大に動く。

 

 

無理だと思っていたポーズも、ちょっとしたコツでやりやすくなり、ヨガが楽しくなってきますよ。

 

基本のポーズから、ちょっとチャレンジポーズまでぜひ体験しに来てください!

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808