精を満たして、若々しく、健康に。

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

 

今日は、身体のエネルギー源の「気・精」のことです。

 

こんなことありませんか?

 

10年位前の中学の同窓会で会った
男子のある子が、面影もないくらいに背が伸びていました

 

彼は女子より低かったのに

高槻
高槻市

東洋医学では「腎臓」 は
生きていく精(エネルギー) を貯める働きを指します

 

そこには、

 

もって生まれた、先天的な精 (エネルギー)と

 

成長とともに食事などから作られた、後天的な精(エネルギー) のふたつが貯められます。

 

「精のつく食べ物」「食べて精を作る」っていいますよね。

 

 

小さいときに身長が低かったのに、高校生くらいには大きくなっている

 

子供のころは、ぜんそくだった、おねしょをよくしていた。

 

 

というのも先天的な精(エネルギー)の影響です。

 

 

腎の精(エネルギー)は、成長をあらわします

 

 

したがって、持ってうまれた先天的な精が少ないと、成長が遅いともいわれます。

 

しかし、成長するにつれて、後天的な精がふえてきて、成長をうながしていきます。

 

 

身長が伸びたり、運動したりで呼吸がしっかりされて、呼吸器官も強くなる。

 

 

赤ちゃんの時に、ハイハイをよくすると、この腎の精を作り出すことが活発になるそうです。

 

また、ハイハイはお尻、背筋など、スポーツ選手には欠かせない筋力のベースを作ってくれます。

 

最近はすぐ歩くようになり、ハイハイの時期が短いそうですが、

 

スポーツのできる子にするならこの時期は大切かもしれませんね。

 

女の子なら、スタイルのいい子になりそう。

 

 

 

身体という貯金箱に、精(気・エネルギー)を貯めるようなイメージです。

 

いつも精、気で満たされた身体作りは、大人になっても必要です。

 

精を増やすことが成長に、減らすと老化につながります。

 

 

 

 

陰ヨガのポーズは、シールポーズ。

 

 

 

うつ伏せになって、肘をつく。

 

腰の背骨を感じながら、ゆったりと呼吸します。

 

 

大人は、後天的な精をいかに減らさないか。

 

つまり、アンチエイジングです!

 

そして、精の材料となる、しっかり食事をとることも大切ですね。

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

チャレンジ、何回しましたか?

 

 

今までの人生の中で、いろんなことにチャレンジした経験はあると思います

 

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

 

 

チャレンジして、そこから継続しているもの、挫折してしまった、

自分にはあってなかった、辞めたけど気になっていること

 

そんなことあるあるですよね。

 

 

人は、〇〇をしよう!と決めてチャレンジする時、

 

 

チャレンジする平均回数は、1回!

 

い、い、1回?!

 

平均だから、0回という人もいる

試してもないだなんて…

 

 

少なすぎではありませんか?

 

私からしたら、もう1、2回くらいやってみない?

 

 

また同じこと、違う場所、違う先生、違うやり方(スタイル)

 

1回でできるなら、悩まないし、もう既に継続しているはず

 

 

何事も、チャレンジ、練習したからできるようになります!

 

 

 

 

自転車に乗れるようにチャレンジした、泳げるようになるまで、

 

逆上がりができるようになるまで、チャレンジした

 

 

 

逆上がりは何のために、誰の為にしていたのか…(笑)

でも夢中でチャレンジしましたよね

 

 

大人になるとチャレンジするもしないも、自分次第。

 

 

せっかくやる気になって、

行動起こしているのに1回でやめるなんて

勿体ない!!

 

 

1回目は、緊張したり、場の雰囲気や次にどうするのか、このやり方はあっているのか?

 

いろいろ考えて、1回目がおわる。

 

そこで、おっ!なんだか行けそうだ!と思えばチャレンジから継続になります。

 

 

逆に、うーーーん、どうなんだろ?

 

なんて思ったらもう1回してみてください!

 

 

できなくて当たり前、だからチャレンジするのです!

 

 

 

ヨガのレッスンでは、一度ヨガしたことあるけど辞めてしまった

 

でも、やっぱり気になってもう1回スタートしたくて

という方は、たくさんいらっしゃいます。

あらためてチャレンジしてみて、

 

ヨガできた!

前より気持ちよくできた!

また続けられそうです!

 

といってくださる方は、継続されて快適な身体になっています。

 

 

 

みなさんそれぞれ身体の不調、肩こり、腰痛、ストレス、不眠、便秘、身体の硬さ、運動不足など、いろいろな悩みを解消したいと思ってチャレンジしたヨガ。

 

 

もしヨガがちょっとでも心の隅にあったならもう1回

 

 

やっぱりやってみようかな…、身体硬いしなぁ…、続けられるかなぁ…、

そして、ヨガが気になっているけどまだチャレンジしてない方も、

 

体験レッスンからしてみませんか?

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

ダイエットのための食事は、時間も大事

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

私はヨガインストラクターですが、エアロビクスのインストラクターでもあり、健康運動指導士でもあります。

 

フィットネスクラブでレッスンする時に、お客様との会話でよく話題になるのは

 

 

「どうやったら痩せる?」

 

 

長い間この仕事をしていますが、この手の話題はつきません。

 

 

運動も大切ですが、やっぱり食事と睡眠の割合は大きいです。

 

 

巷で流行りの○○ダイエットなどは沢山あります。

 

でもブームがすぐに終わったり、なかなか続かないのは無理があったり、ストレスになるからでしょう。

 

 

 

しかし中医学のダイエットの考え方はとってもシンプルです。

 

 

朝ごはんは7~9時にしっかり食べる

 

7~9時は、中医学では胃の時間(胃がよく働く時間)とされています。

 

 

この時間から身体を動かすエネルギーが必要になります。

 

朝、太陽が上っていくのと同じく身体のエネルギーも上がっていきます。

 

エネルギーのない状態で自動車が走らないように、私たちの身体も動きにくくなります。

 

特に女性は影響を受けやすい。

女性は陰ですから、気が下がりやすいのでしっかり食べて気を上げなければいけません。

 

若いころの食べないダイエットは15~20年後に影響がでるといわれます。

 

無理をした20代のダイエットの影響は、40代になってから…冷えや婦人科系の不調にも。

 

 

朝ごはんをしっかり食べると午後からは、お腹のすく感覚が減ってきます。

 

日が沈むとともに、身体のエネルギーもだんだん下がっていきます。

 

そして、夜の食事は控えめで、早く寝る。

 

「朝、お腹がすいた」で一日がスタートするのが理想。

 

 

旅行で温泉宿なんかに泊まって、晩御飯を早く食べます。

 

朝はお腹が空いていて、ボリュームある朝ご飯をはしっかり食べますよね。

その日は、なかなかお腹が空かない。

 

 

このサイクルがダイエットだけでなく、健康な身体を作っていきます。

 

また次の日の朝に気持ちよく1日をスタートするには、夜にヨガをするのがおすすめです。

 

 

☑ゆっくりとした呼吸は、内臓のマッサージや自律神経のバランスを整える

 

☑捻じったり、伸ばしたりで血流がよくなり、眠りの質もよくなります

 

☑ヨガのポーズを丁寧にすると、「身体にいいことをしている」という実感が得られるので食事を見なおす

 

 

ストレスが原因で、ついつい食べ過ぎたり、お菓子が増えたり…

 

ヨガは自律神経のバランスが整うので、ストレスの軽減になり、

帰って食事をする際に、食欲にまかせて食べることが減ってきます。

 

 

これは夜のレッスンの、陰ヨガでのポーズです。

胃の経絡(胃のツボをつなげた気の流れ道)に働きかけるポーズのひとつです。

 

 

内臓に働きかけるポーズ、またこのポーズは誰でも気持ちよく身体と心を落ち着かせてくれます

 

 

ダイエットには、食事の時間とヨガの効果も有効です。

夜にヨガはじめてみませんか?

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と、

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

 

 

 

風邪の予防は、呼吸からも。

 

 

冬になると、気をつけないといけないもの、

 

「風邪」

 

 

 

うがい、手洗いは今では、常識ですよね。

 

 

 

 

手はたくさんの人や物との接触により、菌を連れて帰ることの対策

 

うがいは???

 

 

口から入ってくる風邪の菌が、身体の中に侵入しないように、口、のどでシャットアウトするため。

 

口からの菌やウイルスの侵入防止は、口を閉じる!!

 

 

当たり前のことですが、無意識で口がポカンと空いていることありませんか?

 

まさに、今これを読みながら口がポカンとしてませんか?

 

 

まず、口を閉じます。自然と鼻で呼吸してます

 

いま、舌の位置は、どこですか?

 

 上顎についている
 上の歯の裏あたりについている
 舌の歯の裏あたりについている
 下にだらっとおちている

 

 

意識すると、わからなくなっていまいますが・・・

 

口がポカン予備軍は、舌の先が下の歯の裏や下あごのあたりにある方です。

 

上の歯の裏、上あごに舌先があると、口は空かない(試してみてください)

 

 

舌も筋肉、舌筋(ぜっきん)といいます

 

この舌筋が弱くなると、舌が口の中で下がるんですよね。

 

よって、口がポカン・・・

 

 

口は食べることと、しゃべる為の器官です。息をする器官ではないんです。

 

ドライマウスも最近耳にしますよね

 

鼻は呼吸をする器官

改善は、ベロを思いっきり、あっかんべーでしっかり出して戻し、繰り返す

 

 

 

すると舌の筋肉が鍛えられ、自然と舌先が上顎についていきますよ

 

電車の中で、居眠りでぽかーんと口が開くのは少々恥ずかしいですよね(そんな私がそうかもしれないけど…)

 

 

もちろんヨガも鼻呼吸です!

 

 

鼻で吸う呼吸って、とても身体の奥の方にまで届くんですよ

 

 

しっかりと呼吸が身体に入ってくると、呼吸器官は強くなり、筋肉ものびやすくなったり、力をスムーズに出せます。

 

身体の硬い方の多くは、呼吸が浅い。

 

身体が硬くても、呼吸を丁寧にすればヨガも無理なくできますよ。

 

身体が硬い方こそ、ヨガで身体の緊張をとることは大事です。

 

 

日頃、浅くなった呼吸を、硬くなった身体をじっくり深くして見直してみませんか?

 

鼻呼吸、舌の位置、うがい手洗いで、この冬は、風邪しらずになるといいですね。

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

ヨガを始める理由で多いのは…

私も含め、40歳をこえて友人たちと話題になるのは

 

「身体のこと」

 

いつの間にか、身体の調子がどうだ、疲れがどうだ、自律神経がどうだこうだ、老眼がどうだ……(笑)

 

 

我に返って、「そんなこという歳になったんだなー」と笑って、すぐにドカドカ食べていますが(笑)

 

 

 

 

レッスンに来られる方のほとんどは、

肩こりやストレスを感じていて解消したい!

という方が多いです

 

 

そして、もう1つ多いのが、

 

「健康の為」

 

40歳越えるといろいろ身体に変化が出やすくなり、それに敏感になってきます

 

マラソンやジムに行ってアクティブな運動で健康を維持していくのもひとつ

 

 

ヨガのように、ゆっくり気持ちよく身体を動かすことで、しっかりと呼吸して、自律神経のバランスを整え、健康を維持する

 

 

という方法もあります

 

 

ただしヨガをして、病気が治るわけではないのです。

 

あくまでも、病気になりにくい身体作りや、今の健康状態を維持、向上させるのにヨガはよいです

 

 

もちろん、身体の調子がよいと心の状態もよくなります。逆も然りです。

身体が軽いと心も軽く、自然と笑顔が出てきます

 

 

あなたの心と身体か元気だと、周りの人も元気になります

 

周りの人に笑顔が繋がって、またその周りの人が笑顔になる

 

 

なんと素敵な社会!!

 

 

やっぱり健康第一ですね!!

 

 

心と身体の健康に、そしてあなたの周りの人も笑顔になる、

ヨガを初めてみませんか?

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

 

現在募集中の講座「生き方を変えるYOGA」~リンパコンディショニングと陰ヨガでデトックス~足や顔のリンパの流れを理解し、実際に触りセルフケアとして滞りの解消、老廃物の排出法を学びます。冷えやむくみはもちろん、乾燥肌、痩せにくい、小顔などなどあらゆるお悩みの改善に役立ちます。陰ヨガでも、排出の経絡を整え、リンパマッサージとのW効果でスッキリします。詳しくはこちらから➡http://yoga-asta-naomi.com/?p=140

「呼吸」は、あなたの今をあらわす

 

呼吸のこと。

 

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。
 

以前参加した、講座での呼吸の話がとても印象的でした。

 

あなたは1分間に何回呼吸していますか?

 

 

では、1時間、1日では何回ですか?

 

息を吸うこと、吐くこと。

当たり前になり過ぎていませんか?

 

 

 

 

理想は、1分間に15回

(実際の平均は18回)

 

 

15回60分で900回

 

24時間で21,600回

 

ちなみに

 

まばたき 15~20回/分

(約1080回/時間)

 

歩く 平均6500歩/日

 

噛む 1850回

(3回の食事の合計平均)

 

まばたきはかなりの回数になりますが、寝ている数時間はしていません。

 

歩く、噛むはやめることができても、呼吸はやめることはできません。

 

しかもこの呼吸数は、理想回数です。実際は浅い呼吸で数が多い。

 

 

忙しい、集中している時間が長い、心がイライラ、不安、心配、ネガティブだと自然と呼吸が浅くなります。

 

ゆとりがある、笑顔、前向き、楽しい、ポジティブ、のんびり、おだやかなら、呼吸はゆったりと心地よくできています。

 

 

あなたの今の呼吸はどうですか?

 

 

 

深い呼吸は身体の隅々まで酸素をおくってくれる。

 

深い呼吸は気持ちを安定し落ち着かせてくれる。

 

 

そしてなにより、呼吸は私たちを生かせてくれています

 

 

 

いつも当たり前のようにしている 「吸う、吐く」

 

もっと丁寧に1回1回を大切にしたいですね

 

現在募集中の「リンパコンディショニングと陰ヨガでデトックス」

呼吸と同じように、当たり前に動かしている身体に向き合い、丁寧にケアする講座です。

現在募集中の講座「生き方を変えるYOGA」~リンパコンディショニングと陰ヨガでデトックス~足や顔のリンパの流れを理解し、実際に触りセルフケアとして滞りの解消、老廃物の排出法を学びます。冷えやむくみはもちろん、乾燥肌、痩せにくい、小顔などなどあらゆるお悩みの改善に役立ちます。陰ヨガでも、排出の経絡を整え、リンパマッサージとのW効果でスッキリします。詳しくはこちらから➡http://yoga-asta-naomi.com/?p=140

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

血管と柔軟性の関係

 

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原如美(なおみ)です。

 

私たちの身体になくてはならないもの。

たくさんありますが、その中でも特に大切なものの話です

 

人間の平均的な体内水分は、

男性が60%、女性が52〜55%

 

 

そのうち血液中の水分は、総分量の約8%

 

 

その血液が流れている血管

 

 

指先まである毛細血管から太い静脈、動脈まで

全部伸ばしてみると。

 

 

な、

 

な、

 

なんと

 

 

地球2周半!!

 

 

ひぇーーー!そーなん!!

 

 

こんなお話しをレッスン前にしました

ほぼ100%の人が目を丸くします

 

 

「で、地球1周ってどれくらいでしょうね?」

 

 

丸く大きく開いたみなさんの目が一瞬で、私から逸れてどこかに…(笑)

 

 

 

恥ずかしながら、Google様にお尋ねしました・

 

 

地球1周は約4万㎞

 

それが、2周半だから約10万㎞

 

 

人間の血管を全部伸ばすと

 

 

地球2周半、10万㎞

 

 

 

JR大阪からJR京都、新快速で走っても30分、50㎞ほど

スカイツリー、富士山、それどころじゃないです

 

いまひとつピンとこないかも(笑)

 

 

心臓や筋肉がポンプの役割で、よいしょ、よいしょと、血を全身に巡らせています

 

 

 

心臓だけでは、末端までは大変ですから

筋肉がヘルプに入ってダブルの働きで私たちは脚のつま先まで血が流れます

 

 

ところが、筋肉を使っていないとポンプの力が弱くなって血を遠くに押し出していけないです

 

 

また筋肉が硬いのも同じ

伸びたり縮んだりしないと血流が弱くなります

 

新しい風船を、膨らます時

 

ゴムが硬いから膨らみにくい、力んで息を吐いて膨らます

何度か膨らませた柔らかい風船は、少しの力ですーっと膨らむ

 

 

イメージできましたか?

 

つまり血管も筋肉も柔らかいと、血を流すことが楽なんです

 

すみずみまで送ることができます

 

 

運動もいいです、ヨガももちろんいいです!

 

 

 

身体が硬い方は、運動するにも硬い筋肉、

 

新しい伸びないゴム風船のような筋肉には血が流れるのも大変です

 

 

まずは、筋肉や関節周辺を柔軟にすることがとても大事です

 

 

そこで、いいのが

 

「陰ヨガ」

動きの少ないやさしいヨガで、関節周りや、筋膜を時間をかけて緩めます。

 

関節周りや筋膜(筋肉の膜)はほとんど水分で構成されています

ヨガをすることで、血管が得られる効果は、このようなものがあります。

 

*緩めることで、水分の流れがよくなります(ポンプ作用UP)

 

*筋肉の中の血管も柔らかくなり、血流が良くなります(柔軟な風船)

 

*血液中には酸素も含まれるので、血流が増すと酸素がすみずみまで運ばれます

 

さらに、ドロドロな血液より、血液はさらさらのほうが、少しのポンプの圧でもちろん隅々まで早く流れますよね

 

よく言われる、血液ドロドロ、血管カチカチはよろしくないということにもつながります。

 

 

身体を伸ばすことでスッキリし、肩こりや腰痛が楽になる、ストレス解消になる為のヨガ

 

でも、奥を覗くと、地球2周半もの血液や酸素を巡らせるという壮大な効果もあります

 

ほんとヨガはよくできていますね

 

もう目の間に、冬がやっています。冷えにお悩みの方も、

ヨガで身体の筋肉や関節はもちろんのこと、血管の柔軟性も高めて、

足先まで温かい血を送れる身体の準備をしてみませんか?

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

 

現在募集の講座では、血管と同じく大切なリンパのマッサージを学びます。リンパは血管の横に流れていて、血管からしみ出る栄養素を吸収する働きをします。血管と同様流れを良くしませんか?

現在募集中の講座「生き方を変えるYOGA」~リンパコンディショニングと陰ヨガでデトックス~足や顔のリンパの流れを理解し、実際に触りセルフケアとして滞りの解消、老廃物の排出法を学びます。冷えやむくみはもちろん、乾燥肌、痩せにくい、小顔などなどあらゆるお悩みの改善に役立ちます。陰ヨガでも、排出の経絡を整え、リンパマッサージとのW効果でスッキリします。詳しくはこちらから➡http://yoga-asta-naomi.com/?p=140

かかとの乾燥と腰痛の関係

 

冬はどうしても乾燥という言葉がつきまといますね

 

とくに、女性は(;^_^A

 

顔、手や足先、ひじ、かかと・・・

 

 

しかし、男性も結構な確率でカサカサな方が多いです

 

わざわざ、かかとを見なくても、

 

「はーい!」と手をあげれる方も、

「いやそんなことない!」という方も確認どうぞ。

 

 

とくに、足裏はいかがですか?

 

 

かかと、指の付け根の肉厚のところなんかはカサカサ、タコなんかできていませんか?

 

足裏は私達が立ちあがり、行動する上では大切な場所ですよね

 

 

姿勢を維持する

 

というのも大切な役割です

 

 

 

しかしながら、乾燥していると

 

「筋肉や皮膚の感覚機能が鈍ります」

 

 

なんと!そうだったの!

 

感覚機能とは、外の情報や身体の中の情報を受け取るアンテナのようなもの

 

 

触覚、視覚、聴覚、嗅覚、味覚

 

 

環境適応して生きていくには、この感覚機能が必要です

 

 

 

さらに、運動感覚というものがあります

 

これは、筋肉、腱、関節の感覚

 

 

身体を動かし、あらゆる外部の刺激を感知します

 

 

これは1番頼りにしなければならないものですが、悲しいことに意識されてないです

 

無意識になっています

 

 

無視されるのは悲しすぎる

 

 

必要とされてないなら、すねてしまいます

 

 

身体は使うことで、血液や水分の流れがおこります。

動かしたり、触ったりすることが減ると、流れが悪くなり乾燥します

 

足裏は姿勢を保つには、なくてはならない場所

 

 

かかとが乾燥している時は、大体の人が踵に体重がかかっていて姿勢が崩れてきて、腰が痛くなりやすい

 

足指の付け根あたりがカサカサになっていたら、爪先に体重がかかって太ももがパンパンに張っていたり、膝の調子が良くないとか膝裏が硬かったりします

 

 

体重がかかっていることの、感覚が鈍っているかもしれません

 

 

自分のことってほんとわからないことばかり

 

少しずつ、少しずつ、寄り添ってみること

 

 

だって自分のこと、だれも身体の中まで見てくれませんし、自分にしかわからないことたくさんです

 

 

あなた自身の心に寄り添うことも大切なこと

 

そして、身体にも寄り添うことも忘れずに…

 

 

次回の講座⇓では、この感覚機能をたかめるリンパの流れをよくするテクニックを学べます。顔、身体が乾燥している方には、とてもおススメです!

即効性の高いリンパコンディショニングで、潤いのある毎日になりますよ!

お申し込み・お問い合わせは ➡ https://reserva.be/naomiyoga0808

現在募集中の講座「生き方を変えるYOGA」~リンパコンディショニングと陰ヨガでデトックス~足や顔のリンパの流れを理解し、実際に触りセルフケアとして滞りの解消、老廃物の排出法を学びます。冷えやむくみはもちろん、乾燥肌、痩せにくい、小顔などなどあらゆるお悩みの改善に役立ちます。陰ヨガでも、排出の経絡を整え、リンパマッサージとのW効果でスッキリします。詳しくはこちらから➡http://yoga-asta-naomi.com/?p=140

 

「健康である」ことって難しいかも…

健康ってどんな状態だと思いますか?

 

単純に、「身体の健康、痛みや不調のない状態」ってほとんどの方がイメージされますよね。

 

世界保健機関(WHO)憲章では、健康をこのように定義しています。

 

「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが
満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)」

 

 

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

先日「糖質制限セミナー」に行ってきました。

そこでの情報はまた追々お伝えしていきます。

 

冒頭、「健康って?」ということから入りました。

そこでWHOの健康の定義がでてきました。

 

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが
満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)

 

この肉体的、精神的、社会的の3つがポイントです

 

例えば、

いくら食べ物に困ってなくても、人間関係にストレスを感じる職場で精神的にしんどい

 

人間関係はよく、環境に恵まれていても、身体に不調がある

 

衣食住にこまらず、仕事や自分の役割があっても、心がいつのイライラしてストレスいっぱい

 

肉体的、精神的、社会的

3つ揃ってこその「健康」確かにそうですよね

これがなかなか難しい。

 

 

世の中、ありとあらゆる健康になるための書籍がありますよね。

〇〇健康法、〇〇をたべて健康に、毎日〇〇で健康。

あれだけの本があり、そして毎日新しい本が出版される

それほど、健康になるって難しいし、みんな続かないのかもしれない。

 

 

まずできることは肉体的健康かもしれませんね。

身体と心はつながっています。

身体が調子いいと、いつも機嫌よくすごせます。

 

 

毎朝目が覚めるとすっきりと晴れ晴れしいスタートになります。

サクサク準備でき、気持ちよく家事やお仕事がはかどる。

イライラも減ってきて、気持ちにゆとりができます。

今までの考え方や生活までもが、きっと変わります。

 

 

食事はもちろんですが、運動や睡眠も健康には必要です。

 

忙しい日々では目に見えたり、痛みや苦痛がないと、自分の身体の状態には無頓着です。

今、調子が良くないところがあっても、何もしていない。毎日ブルーな気持ち…

もしくは、気づいていないってことも多いです。

 

ヨガは全身の筋肉をバランスよくつかいます。

 

自分では気づかないところ、鏡には映らない身体の奥が見えてきます。

 

 

 

肩が凝っているけど、胸の筋肉もとても硬い。

腰が痛いのは、お尻の筋肉が硬いからかな。

私って思っていたより、身体は硬くないんだ!

 

いろんな今のあなたが、見えてきますよ。

 

 

ヨガを続けていくうちに、身体にいいことをしたら、身体によくない物を食べたくなくなってきます。

 

せっかくたくさん呼吸をして、身体の隅々まで酸素や血液をしっかり送ったのにもったいない。

 

ヨガした日は、自律神経のバランスがとれ、夜は気持ちよくすんなりと眠れるようになり、朝はすっきり目覚めます。

 

 

ヨガするだけで、食事・運動・睡眠の肉体的な健康につながります。

 

ぜひヨガでさらなる「健康」めざしてみませんか?

 

高槻のヨガ教室、ナオミヨガでは、体験レッスンはいつでも受けていただけます。

お申し込み・お問い合わせは➡https://reserva.be/naomiyoga0808

 

現在募集中の講座「生き方を変えるYOGA」~リンパコンディショニングと陰ヨガでデトックス~足や顔のリンパの流れを理解し、実際に触りセルフケアとして滞りの解消、老廃物の排出法を学びます。冷えやむくみはもちろん、乾燥肌、痩せにくい、小顔などなどあらゆるお悩みの改善に役立ちます。陰ヨガでも、排出の経絡を整え、リンパマッサージとのW効果でスッキリします。詳しくはこちらから➡http://yoga-asta-naomi.com/?p=140

 

 

 

 

 

画面からこまめに目をはずしてみませんか?

スマホ、パソコンは1日どのくらい見ますか?

今さっき、開いたところですか?

 

まだ3分くらいですか?

 

それとも30分?1時間?

 

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

 

お仕事でパソコンは致し方ありませんが、

 

TVのかわりに、そしてSNSみたり、さらにはオンラインショップのぞいたり、

ネットサーフィンではるか彼方に行ってしまう・・・

 

わかっちゃいるけどやめられない…

 

時間があっという間にたって、はっと気づくんです。

あ〜首が…肩が…目が…さらには腰まで、痛い…

 

 

首の骨(背骨)は重たい頭を支える為にカーブしています

 

スマホなど見ると頭が前に出てきたり

あごを突き出す、引きすぎると

 

首はカーブがなくなってきて

ストレートネックという症状になります

 

左がストレートネック       右は正常なカーブ

首の背骨には神経がありますから、首のカーブがなくなってくると

 

肩コリ、首コリ、

頭痛

手のしびれなどの症状が出てきます

 

そんな症状、出てないですよね?

 

 

こまめに画面から目を離して、首を本来のカーブに戻していきましょう!

 

【ネックストレッチ】

 

無理のない範囲でおこないましょう

頭を横に倒します

 

image

 

伸びがでれば1分ほどとキープします

深いゆっくりとした呼吸をします。

首筋が呼吸とともに、さらに伸びを感じます。

 

少し角度を変えると伸び方も変わりますから、気持ちよく伸びるところを探してみてもいいですね

下にもしっかり倒すと、首の後ろが伸びます

 

 

上を向くと、首の前が伸びます

 

 

どの方向も、背筋を伸ばして行いましょう!

そうすれば後ろも横もよく伸びます

 

ちょっとした合間に、少しの首の休憩をこまめにとりましょう。

画面から目を上げることでも十分効果的です

 

首はとてもデリケートな場所です。丁寧にゆっくり行ってください。

またご自分の状態に、無理のない範囲で行ってください。

 

ヨガは、首を含めた背骨を大きく動かします。

目や首の疲労は、あらゆる筋肉や骨の強張りを引き起こしています。

良くない姿勢からの不調、疲労の蓄積を改善することが期待できます。

 

ぜひ1度試してみてください。

 

体験レッスンはのお申し込み・お問い合わせ➡https://reserva.be/naomiyoga0808

 

現在募集中の講座「生き方を変えるYOGA」~リンパコンディショニングと陰ヨガでデトックス~足や顔のリンパの流れを理解し、実際に触りセルフケアとして滞りの解消、老廃物の排出法を学びます。冷えやむくみはもちろん、乾燥肌、痩せにくい、小顔などなどあらゆるお悩みの改善に役立ちます。陰ヨガでも、排出の経絡を整え、リンパマッサージとのW効果でスッキリします。詳しくはこちらから➡http://yoga-asta-naomi.com/?p=140