精を満たして、若々しく、健康に。

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

 

今日は、身体のエネルギー源の「気・精」のことです。

 

こんなことありませんか?

 

10年位前の中学の同窓会で会った
男子のある子が、面影もないくらいに背が伸びていました

 

彼は女子より低かったのに

高槻
高槻市

東洋医学では「腎臓」 は
生きていく精(エネルギー) を貯める働きを指します

 

そこには、

 

もって生まれた、先天的な精 (エネルギー)と

 

成長とともに食事などから作られた、後天的な精(エネルギー) のふたつが貯められます。

 

「精のつく食べ物」「食べて精を作る」っていいますよね。

 

 

小さいときに身長が低かったのに、高校生くらいには大きくなっている

 

子供のころは、ぜんそくだった、おねしょをよくしていた。

 

 

というのも先天的な精(エネルギー)の影響です。

 

 

腎の精(エネルギー)は、成長をあらわします

 

 

したがって、持ってうまれた先天的な精が少ないと、成長が遅いともいわれます。

 

しかし、成長するにつれて、後天的な精がふえてきて、成長をうながしていきます。

 

 

身長が伸びたり、運動したりで呼吸がしっかりされて、呼吸器官も強くなる。

 

 

赤ちゃんの時に、ハイハイをよくすると、この腎の精を作り出すことが活発になるそうです。

 

また、ハイハイはお尻、背筋など、スポーツ選手には欠かせない筋力のベースを作ってくれます。

 

最近はすぐ歩くようになり、ハイハイの時期が短いそうですが、

 

スポーツのできる子にするならこの時期は大切かもしれませんね。

 

女の子なら、スタイルのいい子になりそう。

 

 

 

身体という貯金箱に、精(気・エネルギー)を貯めるようなイメージです。

 

いつも精、気で満たされた身体作りは、大人になっても必要です。

 

精を増やすことが成長に、減らすと老化につながります。

 

 

 

 

陰ヨガのポーズは、シールポーズ。

 

 

 

うつ伏せになって、肘をつく。

 

腰の背骨を感じながら、ゆったりと呼吸します。

 

 

大人は、後天的な精をいかに減らさないか。

 

つまり、アンチエイジングです!

 

そして、精の材料となる、しっかり食事をとることも大切ですね。

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

負の感情のたまる場所は?

 

いつもあなたは、落ち着いて、時間や気持ちに余裕を持って行動してますか?

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

 

朝起きた時から、バタバタと始まり、仕事や家事に集中し、帰りも慌ただしい…

もしくは、夜はそんな日中から解放されて、抜け殻のようになってませんか?

 

 

 

せっかちな人は、時間との勝負です

 

早くしたい、人にも早くしてほしい、信号早く変わってほしい、エレベーター早く来てほしい、電車遅れないでほしい、ネット早くつながって…

 

自分の早いペースで世の中進むといいのに…

 

 

 

 

当然、自分のスピードと人のスピード、世の中のスピードに差がでます。

 

すると、もれなくついてくるものは、

 

「イライラ」

 

心の状態は身体にも表れてきます

 

「負の感情は脇にたまる」

 

 

なんてことを聞いたこともあります

 

イライラしてるなぁ、せっかちだなぁって思っている方は

「体側硬くないですか?」

 

そこで、こんなポーズをしてみませんか

 

バナナアーサナ(バナナのポーズ)

 

①壁から少し離れて立ちます

 

②壁側の手首を掴みます

 

③掴んだ手首を上に引っ張るようにしながら、壁に体側をつける

 

 

 

伸びが出てきたら、ゆっくりと深〜く丁寧に呼吸します

 

 

もしくは、手を壁につけ、ゆっくりと呼吸します

物足りなければ、足を壁から離していきます

 

 

反対向きになって、もう一方もおこないます

 

体側は気の流れを上げます

 

伸ばせばスッキリ

 

モヤモヤ、イライラ、負の感情は流しましょう!

 

お仕事や家事、ちょっとした休憩感覚で、いつでもスッキリ、ぜひお試しください!

 

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

冷え症対策のヨガポーズ

冷えの季節が到来してきますね。

みなさんの中でも、冷え性の方も少なくないのではないでしょうか。

 

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

 

股関節を大きく、しっかりと動かすことは、冷え性改善にもつながります。

股関節は、太ももと骨盤の骨のつなぎ目です。

 

 

骨盤も大腿骨(だいたいこつ、太ももの骨)ともに、しっかりとした骨です。

ちょっとやそっとじゃ外れないように、頑丈に筋肉や靭帯や筋膜などの組織が関節を、ガチッとつなげてます。

 

動かさないと、硬くなります。

 

女性は筋力が不足気味ですよね。

 

脚の運動してもすぐ疲れますから、やりたくない、というか,

やらない・・・

 

股関節は、太い血管やリンパの流れにも重要な関節です。

 

 

また、太ももやお尻、お腹の筋肉とも繋がっています。

股関節のトレーニングをすれば、一緒にいろいろな筋肉も働きます。

筋肉を動かせば、熱(エネルギー)を生み出します。自家発電です。

 

 

冷え性の方は、ぜひ冷たい身体から温かい身体へ。

簡単な運動ですし、ヨガでもこのポーズはじんわり汗が出てきます。

 

【チェアーポーズ】

 

椅子にお尻から座りに行くように、股関節から上半身を傾けてます。

膝はつま先から、前に出ないようにします。

ピタッと左右の膝とくっつけてすると、内ももにも効きます。

さらに、お腹を引っ込めて腹筋や背筋もつかいます。

 

 

 

 

股関節に関係する筋肉の、太ももの前や後ろ、お尻、腹筋、背筋と1つのポーズでたくさんの筋肉を動かします。

 

スクワットのヨガ版ですね。

 

注意点は、目線が下がったり、背中が丸くなったりすると

筋肉が働いてくれません

 

 

形は違いますが、黒柳徹子さんもしてます。

 

「ジャイアント馬場さんがヒンズースクワットしたら100(歳)まで舞台ができるとおっしゃった」

 

これは、有名な話ですよね。

 

 

歯磨きしながら、髪をドライヤーで乾かしいるあいだなどにできますよ。

冷え症はもちろんですが、下半身の引き締め効果も高いです。

 

カイロやインナーで温かくすることもいいですが、

自分の身体から熱を生み出して、今年の冬は冷え知らずでいけるといいですね。

 

ヨガした後は、身体がほんわかあったかくて、気持ちいいですよ。

体験レッスンいつでも受けていただけます。

お申し込み・お問い合わせは➡https://reserva.be/naomiyoga0808

 

現在募集中の講座「生き方を変えるYOGA」~リンパコンディショニングと陰ヨガでデトックス~足や顔のリンパの流れを理解し、実際に触りセルフケアとして滞りの解消、老廃物の排出法を学びます。冷えやむくみはもちろん、乾燥肌、痩せにくい、小顔などなどあらゆるお悩みの改善に役立ちます。陰ヨガでも、排出の経絡を整え、リンパマッサージとのW効果でスッキリします。詳しくはこちらから➡http://yoga-asta-naomi.com/?p=140