風邪の予防は、呼吸からも。

 

 

冬になると、気をつけないといけないもの、

 

「風邪」

 

 

 

うがい、手洗いは今では、常識ですよね。

 

 

 

 

手はたくさんの人や物との接触により、菌を連れて帰ることの対策

 

うがいは???

 

 

口から入ってくる風邪の菌が、身体の中に侵入しないように、口、のどでシャットアウトするため。

 

口からの菌やウイルスの侵入防止は、口を閉じる!!

 

 

当たり前のことですが、無意識で口がポカンと空いていることありませんか?

 

まさに、今これを読みながら口がポカンとしてませんか?

 

 

まず、口を閉じます。自然と鼻で呼吸してます

 

いま、舌の位置は、どこですか?

 

 上顎についている
 上の歯の裏あたりについている
 舌の歯の裏あたりについている
 下にだらっとおちている

 

 

意識すると、わからなくなっていまいますが・・・

 

口がポカン予備軍は、舌の先が下の歯の裏や下あごのあたりにある方です。

 

上の歯の裏、上あごに舌先があると、口は空かない(試してみてください)

 

 

舌も筋肉、舌筋(ぜっきん)といいます

 

この舌筋が弱くなると、舌が口の中で下がるんですよね。

 

よって、口がポカン・・・

 

 

口は食べることと、しゃべる為の器官です。息をする器官ではないんです。

 

ドライマウスも最近耳にしますよね

 

鼻は呼吸をする器官

改善は、ベロを思いっきり、あっかんべーでしっかり出して戻し、繰り返す

 

 

 

すると舌の筋肉が鍛えられ、自然と舌先が上顎についていきますよ

 

電車の中で、居眠りでぽかーんと口が開くのは少々恥ずかしいですよね(そんな私がそうかもしれないけど…)

 

 

もちろんヨガも鼻呼吸です!

 

 

鼻で吸う呼吸って、とても身体の奥の方にまで届くんですよ

 

 

しっかりと呼吸が身体に入ってくると、呼吸器官は強くなり、筋肉ものびやすくなったり、力をスムーズに出せます。

 

身体の硬い方の多くは、呼吸が浅い。

 

身体が硬くても、呼吸を丁寧にすればヨガも無理なくできますよ。

 

身体が硬い方こそ、ヨガで身体の緊張をとることは大事です。

 

 

日頃、浅くなった呼吸を、硬くなった身体をじっくり深くして見直してみませんか?

 

鼻呼吸、舌の位置、うがい手洗いで、この冬は、風邪しらずになるといいですね。

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808