ヨガは、〇〇し過ぎている心と身体にいい。

陽極まれば陰に転ず

 

陰があれば陽があり、陽があれば陰がある

 

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

 

 

これは太極図というもの。

見たことあると思います。

 

白が陽で上昇をあらわし、黒が陰で下降をあらわします。

 

中にある小さい陰陽は、どんなに陰、陽が強くなっても絶対的な陰、陽はないことを意味しています。

 

 

私的にはどちらかが強くなってしまうと反対をうむこともある。と解釈する時もあります。

 

 

例えば、

「運動し過ぎ(陽)で膝や腰に負担がかかり、結果、休む(陰)ことになってしまう。」

 

「仕事の忙しさ、ストレス(陽)、疲れが蓄積し続けていく、身体の不調につながり結果、休養(陰)しなければならないことになってしまう」

 

そんな経験ありますよね。

 

 

 

ちなみに、中医学では「疲れたから休む」

 

というより、

 

「動くために休む」

 

これは、運動することに限らず。

 

運動しなさすぎ(運動不足),

急ぎすぎ、

身体が硬すぎ、

食べ過ぎ飲み過ぎ、などなど

 

身体がとても柔らかいけれど、筋力がない

食べなさすぎて、体調がいつもスッキリしてない

今なら、SNSなどにしばられて、ぷつっと切れ、気疲れしてしまう

 

何にせよ、〇〇〇過ぎは、陰陽のバランスを崩します。

 

 

集中することが必要な時もあります、そのあとゆっくり落ち着く

 

同じ姿勢が続いてしまったら、伸ばしてリセットする

 

 

 

ヨガはこの陰陽のバランスを、とってもいい状態にしてくれます。

 

ヨガはゆっくりと、深く吐く(陰)、吸う(陽)呼吸をします。

そして筋肉や関節を動かしていく。

 

動きすぎ・ストレス・忙しすぎの方は、頭の中のスピードをゆっくりしてくれ、イライラや落ち込みといった心の緊張、そして身体の緊張を和らげます。

 

運動不足・身体が硬い方は、まず身体を動かす準備をして、気持ちよく動ける身体に導いてくれます。

 

今のあなたは陰ですか、陽ですか?

 

陰陽バランスを整える、また崩れないためにも、ヨガはじめてみませんか?

体験レッスンは、いつでも受けていただけます。

ヨガしたその日の帰りから、また次の朝に起きてからの、身体を動きやすくしてくれますよ。

 

お申し込み・お問い合わせは➡https://reserva.be/rsv/dashboard

 

 

現在募集中の講座「生き方を変えるYOGA」~リンパコンディショニングと陰ヨガでデトックス~足や顔のリンパの流れを理解し、実際に触りセルフケアとして滞りの解消、老廃物の排出法を学びます。冷えやむくみはもちろん、乾燥肌、痩せにくい、小顔などなどあらゆるお悩みの改善に役立ちます。陰ヨガでも、排出の経絡を整え、リンパマッサージとのW効果でスッキリします。詳しくはこちらから➡http://yoga-asta-naomi.com/?p=140

 

ちょっと疲れた心にも、ヨガはいいんです

去年受けた、乳がんリハビリヨガ養成講座で先生が紹介されていた本

 

「こころのヨーガ」

 

ヨガ哲学がとってもわかりやすく書かれています

 

レッスンでの最後のポーズ「シャヴァーサナ」で先生がこの本の一節を読んでくれました

 

ヨガのレッスンでの最後は、緊張から解かれた心地よい心と身体で

 

目を閉じて、耳に入ってくる言葉がしみるーーー

 

ヨガをすると、身体と心の流れが良くなります

 

エネルギー、呼吸、血液、水分、感情

 

良い流れは、前向きで素直に自分を受け入れやすくなります

 

 

そうだよなーってすーっと耳に入ってきて、身体に染み込んでいきます

 

 

そんな本の一部を紹介。

 

 

 

私たちは過去に生きられないのに、

 

過去を振り返って

「ああでもない、こうでもない」と

 

反省したり、悔やんだり、恨んだり、落ち込んだりと忙しく、そして複雑にしていきます。

 

「忘れること」は神様が与えてくれた大切な贈り物です。

 

だから、私たちはいやされ、やがて次の一歩が踏み出せるのです。

 

 

 

といった一説

 

これは、過去に限らず、同時に未来にも言えますよね

 

未来を予想して

まだ起こっていない先の心配をしてしまう

不安になったり、ネガティヴに考えたり、期待しすぎてしまったり、

行ったり来たりで頭で考え過ぎてしまい、複雑にしてしまう

 

 

過去と未来に振り回されて、なんだか疲れてしまっていませんか?

 

1日にどのくらい今のこと考えるだろうか…

 

大切なのは今という時間

 

 

今楽しい

今怒っている

今悲しい

今ワクワクしている

今笑っている

今息を吸っている

今息を吐いている

今身体が軽い

 

 

 

喜怒哀楽があってもいいし、

お腹が空いていてもいいし、

眠たくってもいい

 

今の自分のこと見る時間

少しずつ増やしてくださいね

 

ヨガは今の自分とじっくり向き合う時間がつくれます

ヨガをしている間ってほんとその時その時の変化を感じられるのです

 

さっきより、息が楽になっている

 

いまとっても伸びている

 

だんだんと落ち着いてきた

 

どんな感情、感覚が出るのだろうか、

ちょっと疲れた心のためにも、ヨガはじめてみませんか?

 

 

 

 

冷え対策にもヨガは効果的!

そろそろ寒くなってきましたね

 

女性の大敵、「冷え」の季節です

 

ついつい厚着をしたり、カイロを使ったりなどなど人それぞれの対策をされていると思います

 

 

上から重ねるのもひとつですが、内側から冷え対策も効果的です

 

食事や入浴などで体温を上げることもひとつです

 

 

そして

筋肉を動かし血流を良くするのも大切です!

ヨガでは下半身をしっかり動かしていきます

 

 

太ももは大きい筋肉の集まりです、筋肉中には温かい血液が流れます

また、関節(脚の付け根)は太い血管、リンパ節があります

さらに東洋医学でいう、

腎臓、肝臓、脾臓の主要な臓器の気(エネルギー)の流れ道もあります

 

股関節(骨盤まわり)を動かすと代謝が上がります

 

 

ヨガは股関節をよく動かします

 

みなさん体温がぐっと上がるのでポカポカするといわれます

 

 

 

ということでヨガポーズ

 

 

ローランジ(股関節をひらく、のばす)

 

 

踵(かかと)とすね、膝がまっすぐに床と垂直になるようにします

 

お尻(骨盤)を落とすイメージで後ろ脚の付け根や太ももを伸ばします

 

 

後ろ脚はたくさん下がらなくても後ろの太もも伸びている感じがしていたらいいです

 

前足に力が入ってしまうと逆にグラグラしてしまいますから、気合い入れすぎず楽な気持ちで。

もちろん、息がとまらないように!

 

 

 

上のポーズの流れから

 

太もも裏のばす

 

 

 

前足の膝を伸ばせるところまでじわーっと伸ばします

膝が曲がっても、つま先が浮いても伸びていたらOKです

 

どのポーズもゆっくり呼吸します

5回くらい呼吸したら次のポーズを。

2~3セットするといいですね

 

冷えには内側からとよく言われます

 

食事も大切ですし、体を動かして少しずつ冷えに強い体を作りたいですね