煩悩とヨガで自分と向き合う

煩悩とヨガで自分と向き合う

 

今日は、以前受けたヨガの講座でのお話から。

 

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

なんだかんだで、もう12月、年末が見えてきましたね。

大みそかの除夜の鐘。108回、煩悩の数、鐘をつくっていいますよね。

 

 

そんな108の、

 

「煩悩」(ぼんのう)

 

人の心を悩ませる、苦しませる、乱すといったものです

 

よく108つなんていいますが、本当は108以上といわれ、とても多いのです

 

 

その煩悩の中でも

 

「三毒」

貪(とん)、瞋(じん)、痴(ち)

 

というものがあります

 

 

ヨガでこの三毒を理解するなら

 

 

貪(とん)は執着

=貪る(むさぼる)、必要以上に物を欲しがる

 

瞋(じん)は嫌悪

=自己中心的、怒る、腹をたてる

 

 

痴(ち)は無知

=愚痴をいう、愚かである、実体のないものを信じ込む

 

 

 

 

三毒は誰にでもあるし、いつもそばにいます

 

ヨガではこの三毒の最後の

 

無知

 

を見直せばあとの2つは改善しやすいとのことです

 

 

本当の自分を知ること

 

なぜ愚痴をこぼすのか

なぜ手放せないのか

なぜ腹が立っているのか

 

などなど

 

本当の自分は何を求めているのだろう

 

愛する人はなぜ私を愛してくれないのか・・・

こんなに私は想っているのに・・・

 

やがて自己中心的になって怒りにもなる

 

 

本当の自分は愛する人をなくした時の不安から、この人を愛することに執着している

 

 

手放すと見返りを求めない純粋な愛になります

 

 

怒りも愚痴もない

 

これって、人、物、肩書、お金にもいえますよね。

 

 

ヨガは呼吸、ポーズ、瞑想で自分に向き合います。

 

初めは、単純に身体の変化が楽しい、満足感でヨガを続けていくちに、

だんだんと、本当の自分が見えてきます

 

 

ひとつできないポーズがあっても、悔しいって思うことは執着のはじまり

 

無理に頑張ってポーズをしても、息が止まり、余分な力が入って疲労してしまいます。

 

手放したら、気持ちいいところで動くから効果もでる

 

 

本当の自分は、ポーズを完璧にすることではなく、気持ち良さを求めていたことに気づきます

 

 

 

気づくことで、無知という煩悩を手放せていけます

 

 

本当の自分を知るととっても楽になります

 

少しずつ少しずつあなた自身を知ること大切ですね

 

 

煩悩がすべてなくなることは、かなり難しいことです

人の心を悩ませる、苦しませる、乱す煩悩と、上手く付き合うもの自分を大事にすることにもなり、いいことです

 

 

この講座が終わってまた自分を観察できました

 

 

ヨガは自分の心と身体に向き合います。

 

肩の力がすっと抜けて帰りには心も身体も軽くなりますよ

 

煩悩だらけかも・・・、そういえば執着してることがいっぱいかも・・・

いつも忙しく、自分のことは考えてないかも・・・

 

 

何にも考えず、ヨガで自分の身体を動かして、

身体の中に溜まっていたエネルギーや、力み、そして煩悩をすっきりさせませんか?

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808

 

現在募集中の講座「生き方を変えるYOGA」~リンパコンディショニングと陰ヨガでデトックス~足や顔のリンパの流れを理解し、実際に触りセルフケアとして滞りの解消、老廃物の排出法を学びます。冷えやむくみはもちろん、乾燥肌、痩せにくい、小顔などなどあらゆるお悩みの改善に役立ちます。陰ヨガでも、排出の経絡を整え、リンパマッサージとのW効果でスッキリします。詳しくはこちらから➡http://yoga-asta-naomi.com/?p=140