冷え症対策のヨガポーズ

冷えの季節が到来してきますね。

みなさんの中でも、冷え性の方も少なくないのではないでしょうか。

 

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

 

股関節を大きく、しっかりと動かすことは、冷え性改善にもつながります。

股関節は、太ももと骨盤の骨のつなぎ目です。

 

 

骨盤も大腿骨(だいたいこつ、太ももの骨)ともに、しっかりとした骨です。

ちょっとやそっとじゃ外れないように、頑丈に筋肉や靭帯や筋膜などの組織が関節を、ガチッとつなげてます。

 

動かさないと、硬くなります。

 

女性は筋力が不足気味ですよね。

 

脚の運動してもすぐ疲れますから、やりたくない、というか,

やらない・・・

 

股関節は、太い血管やリンパの流れにも重要な関節です。

 

 

また、太ももやお尻、お腹の筋肉とも繋がっています。

股関節のトレーニングをすれば、一緒にいろいろな筋肉も働きます。

筋肉を動かせば、熱(エネルギー)を生み出します。自家発電です。

 

 

冷え性の方は、ぜひ冷たい身体から温かい身体へ。

簡単な運動ですし、ヨガでもこのポーズはじんわり汗が出てきます。

 

【チェアーポーズ】

 

椅子にお尻から座りに行くように、股関節から上半身を傾けてます。

膝はつま先から、前に出ないようにします。

ピタッと左右の膝とくっつけてすると、内ももにも効きます。

さらに、お腹を引っ込めて腹筋や背筋もつかいます。

 

 

 

 

股関節に関係する筋肉の、太ももの前や後ろ、お尻、腹筋、背筋と1つのポーズでたくさんの筋肉を動かします。

 

スクワットのヨガ版ですね。

 

注意点は、目線が下がったり、背中が丸くなったりすると

筋肉が働いてくれません

 

 

形は違いますが、黒柳徹子さんもしてます。

 

「ジャイアント馬場さんがヒンズースクワットしたら100(歳)まで舞台ができるとおっしゃった」

 

これは、有名な話ですよね。

 

 

歯磨きしながら、髪をドライヤーで乾かしいるあいだなどにできますよ。

冷え症はもちろんですが、下半身の引き締め効果も高いです。

 

カイロやインナーで温かくすることもいいですが、

自分の身体から熱を生み出して、今年の冬は冷え知らずでいけるといいですね。

 

ヨガした後は、身体がほんわかあったかくて、気持ちいいですよ。

体験レッスンいつでも受けていただけます。

お申し込み・お問い合わせは➡https://reserva.be/naomiyoga0808

 

現在募集中の講座「生き方を変えるYOGA」~リンパコンディショニングと陰ヨガでデトックス~足や顔のリンパの流れを理解し、実際に触りセルフケアとして滞りの解消、老廃物の排出法を学びます。冷えやむくみはもちろん、乾燥肌、痩せにくい、小顔などなどあらゆるお悩みの改善に役立ちます。陰ヨガでも、排出の経絡を整え、リンパマッサージとのW効果でスッキリします。詳しくはこちらから➡http://yoga-asta-naomi.com/?p=140