水分、寒くてもしっかりとれてますか?

 

まだまだ寒い、雪がふる、そんな中立春を迎えました。

 

少しずつ日差しが春の様子になってきましたね。

 

 

みなさん、冬でもしっかりと水分補給できていますか?

 

 

夏に比べて意識もしていない、なにより汗をかいていない

 

 

ついつい水分補給のことを忘れてしまいますよね。

 

 

ところが、座って息をしているだけでも身体から水分はどんどん出ていってます。

 

 

失われる水分量はこのようなものです

 

 

デスクワーク   (8時間) 480ml

フライト    (9時間)  620ml

入浴     (40分)   500ml

睡眠  (8時間)  350ml

スポーツ (2時間半) 1500ml

 

 

これは目安ですから、時間、内容などによって変わります。

 

 

デスクワークでペットボトル1本分。

お風呂にゆっくり入っても、ペットボトル1本分

 

 

振り返ってみると、意外と水分は必要ですし、意識しないと足りていないです

 

 

 

私たちの身体のほとんどが水分でできています。

体内の水分量は、若さと比例するとも言われます。

 

 

肌、血液、筋肉、内臓、髪の毛、爪・・・

 

 

ありとあらゆるものが水分に影響されます

 

 

肌の潤い、血液がしっかり流れた筋肉や内臓は

健康そのもの。

 

 

ツヤっとした髪、つるっとした爪、ふっくらした唇といった女性なら気になる若くありたいところも水分です。

 

 

ところが、水分をいくらしっかり摂取しても、身体に水が巡らねければ効果がありませんよね。

 

 

 

そこで身体を動かすことは、とても大事になります!

 

 

水分でできた「筋膜」は私たちの身体に張り巡らされています。この筋膜は身体を動かすことで、緊張から弛緩して緩みます。

 

 

緩むことで、水分が流れます。

 

 

身体を動かさない、身体が硬いといった人に乾燥しやすい方が多いのもこの筋膜の硬化に原因があります。

 

 

かんたんなストレッチでもいいです。

 

もちろんヨガもいいです!

 

ジョギングやウォーキングまではちょっと…という方でも、

 

ヨガはマットの上で動くので、運動不足の方、体力に自信のない方でも始めやすいです。

 

 

 

 

 

水分補給と適度な運動が、健康で若さを保つ秘訣ですね。

 

ぜひ今日から水分と運動を!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬でも積極的に水分補給してくださいね