心のダイエットも大切です

 

 

 

そろそろ半袖になる頃ですね。

朝晩はひんやりした感じですが、お昼は暑い・・・

 

 

7月初旬並み、天気予報では言っていますし、

 

「今年は去年より暑いそうやで」

 

と毎年恒例の、「去年より〇〇らしいで」のワードも耳にしはじめましたね。

 

 

美容・フィットネス業界では、夏前のキャンペーンとやらが始まります。

 

「夏までに痩せる!」

 

そう思われている方も多いのでは。

そんな私もそうです(笑)

 

 

身体は余分な脂肪を落とすために、

運動する、食事制限する、筋肉をつけて引き締まったボディラインをめざす。

 

 

 

 

そこで私は言いたい!

 

 

心のダイエットは?

 

 

 

ヨガ哲学の中のひとつ、

 

 

 

アパリグラハ=貪らない(むさぼらない)

 

 

 

欲ばらないこと

執着しないこと

 

 

言い方を変えると、

 

手放す、こだわらない、与える、考える、かな。

 

 

 

貪る(むさぼる)=貪欲

 

貪欲…

 

 

あれもこれもほしい

あれもこれももっていたい

これをあげたからあれをしてほしい

 

 

執着ともいう。

 

 

 

文字だけみたら、とっても意地悪とか、傲慢な人みたい

 

 

 

そして、文字だけみたら、

 

「こんな人は嫌だ!」

 

 

言語化って大事といいますが、

 

アパリグラハ=貪る

 

だけを書いてもピンと来なかったのですが、

 

 

貪欲のことをいろいろ書くと、めっちゃ嫌な人やん!とつくづく思いました。

 

 

 

 

誰だっていやですよね。

でも、だれでもこんな感情ありませんか?

 

 

 

ヨガ哲学って、人それぞれに解釈が違うのも面白い。

みんなそれぞれの人生の経験から振り返って、照らし合わせて解釈するのでここでは、私の理解で続けますね。

 

 

 

 

人間は欲ってものがあるので、あれもほしいこれもほしいってあります。

 

 

 

この欲が、いい意味ではやる気や前向きな気持ちにさせてくれます。

 

 

行動力も出してくれます。

 

 

悪くいえば、執着ともなります。

 

 

 

あれもこれも私のもの、誰にもあげない

 

 

 

私がこれだけ愛情を注いだんだから、それと同じくらい、むしろそれより返してほしい

これもあれもまだ使えるから捨てない

(実際は使ってないとか、置く場所がなくなっている)

 

 

 

 

貪る

 

口にどんどん食べ物を詰め込むように聞こえます。

 

 

 

まさに子供状態です

 

彼らは、今成長の段階ですからあれもこれもが必要

 

たくさん手に入れて個人が出来上がっていきます、心も身体も。

 

そして、得たものを使い、行動いっぱいするから

 

 

太らない!

 

 

 

大人はどうだろう

 

 

あれもこれも手に入れても、使わない、置き場所がない、手に入れたことも忘れる、

 

 

 

心も身体も許容量を超えると、

 

 

もうはいりません・・・

 

 

 

 

 

身体は許容範囲を超えると、痛みや違和感を出してきますから気づきやすい。

 

 

反面、心は黙って受け入れています

 

 

貪欲さが、生きるモチベーションにもなる人もいますから気づきにくい。

 

 

 

身軽な心や身体にすると、肩の力が抜けてきっと毎日が穏やかになるのでは。

 

 

 

アパリグラハ(むさぼる)は、欲求を満たしてくれるものの、

自分自身を疲れさせます。

 

 

私が私が。という感情が少なくなると、周りの人に優しくなれるはずです。

思いやりの心になっていきますね。

 

 

 

身体のダイエットや健康はもちろん、そしてもっと大事な

 

 

心のダイエット。

 

 

 

 

あなたの心の中は、あれもこれもでいっぱいになってませんか?

 

いっぱいになっている心を断捨離、ダイエットして、風通しのよいスペースを作ってくださいね。