ちょっと疲れた心にも、ヨガはいいんです

去年受けた、乳がんリハビリヨガ養成講座で先生が紹介されていた本

 

「こころのヨーガ」

 

ヨガ哲学がとってもわかりやすく書かれています

 

レッスンでの最後のポーズ「シャヴァーサナ」で先生がこの本の一節を読んでくれました

 

ヨガのレッスンでの最後は、緊張から解かれた心地よい心と身体で

 

目を閉じて、耳に入ってくる言葉がしみるーーー

 

ヨガをすると、身体と心の流れが良くなります

 

エネルギー、呼吸、血液、水分、感情

 

良い流れは、前向きで素直に自分を受け入れやすくなります

 

 

そうだよなーってすーっと耳に入ってきて、身体に染み込んでいきます

 

 

そんな本の一部を紹介。

 

 

 

私たちは過去に生きられないのに、

 

過去を振り返って

「ああでもない、こうでもない」と

 

反省したり、悔やんだり、恨んだり、落ち込んだりと忙しく、そして複雑にしていきます。

 

「忘れること」は神様が与えてくれた大切な贈り物です。

 

だから、私たちはいやされ、やがて次の一歩が踏み出せるのです。

 

 

 

といった一説

 

これは、過去に限らず、同時に未来にも言えますよね

 

未来を予想して

まだ起こっていない先の心配をしてしまう

不安になったり、ネガティヴに考えたり、期待しすぎてしまったり、

行ったり来たりで頭で考え過ぎてしまい、複雑にしてしまう

 

 

過去と未来に振り回されて、なんだか疲れてしまっていませんか?

 

1日にどのくらい今のこと考えるだろうか…

 

大切なのは今という時間

 

 

今楽しい

今怒っている

今悲しい

今ワクワクしている

今笑っている

今息を吸っている

今息を吐いている

今身体が軽い

 

 

 

喜怒哀楽があってもいいし、

お腹が空いていてもいいし、

眠たくってもいい

 

今の自分のこと見る時間

少しずつ増やしてくださいね

 

ヨガは今の自分とじっくり向き合う時間がつくれます

ヨガをしている間ってほんとその時その時の変化を感じられるのです

 

さっきより、息が楽になっている

 

いまとっても伸びている

 

だんだんと落ち着いてきた

 

どんな感情、感覚が出るのだろうか、

ちょっと疲れた心のためにも、ヨガはじめてみませんか?