「盗まない」ということは、余裕を持つこと

GWいかがお過ごしですか?

いつもより世の中が、お休みのモードになっています。

気候もよいこの時期には、身体の調子もよく、心の状態も落ち着きやすい頃です。心身ともにいい状態だと、落ち着く余裕ができやすいです。

そんな余裕を持つことを、ヨガ哲学からお伝えします。

 

 

ヨガ哲学の中にはたくさんの生き方についての話があります。

 

そのなかのひとつに、

 

「アスティヤ」  盗まない

という教えがあります

 

 

 

物を盗まないというのは大前提なのですが、生き方、生活にも置き換えられます

 

例えば

待ち合わせ、約束をしていたとします

 

遅刻するってことありますよね。

これは、相手の時間や、期待を盗む

 

 

荷物が多いから座席の横に置く、誰かが座れる席を盗む

 

 

これは、よく例えられます

 

つまり自己中心的になっているのです

 

遅刻しないように。

 

何時に待ち合わせだから、

 

何時に電車にのる、

 

何時に家を出る、

 

何時から準備する。

 

こんな行動は、自然と相手の時間や期待を盗まないことになります。

 

さらには、自分自身の行動や考え方に余裕がでてきます。

 

 

時間も

気持ちも

行動にも

心にも

 

自分にも相手にも、心地よい快適な関係

 

が与えられることになります

 

 

自分の心と身体に余裕を与えてみることからはじめませんか?

 

 

身体が硬くなってきた

 

呼吸が浅くなっている

 

朝起きるのがおっくうになってきた

 

寝つきが悪い日がある

 

疲れが取れない

 

イライラしやすくなっている

 

いつも急いでいるかもしれない

 

人の言動に気分が左右されやすい

 

などなど・・・

 

 

身体や心の疲れたサインを見つけたら

 

ストレスや余裕がないなって感じたら

 

目を閉じて、ゆっくり深く深呼吸してみるものいい。

 

 

 

呼吸、気(エネルギー)、血(血液)、水(水分)がしっかりながれるスペースをつくりましょう

 

ガチガチに固まった身体にはそれらが入っていく場所の余裕がない・・・

 

休みたいのに落ち着く場所がない・・・

 

ヨガはそんなあなたの心と身体に「余裕」というスペースを与えてくれますよ

 

 

自分で自分をアスティヤ(盗まない、余裕をもつ)できるといいですね