頭の中は、休息できていますか?

こんにちは、高槻のヨガ教室ナオミヨガのインストラクター藤原です。

 

先日、リストラティブヨガの講座に参加してきました。

以前から、リストラティブヨガを勉強してみたい!とは思っていましたが「百聞は一見に如かず」自分で体験してみないことには。

ところが、レッスンをしているスタジオが少ないこと、お目当ての先生が関西に来ないなどで受講する機会がなく、ようやく参加できました。

 

リストラティブヨガは、ブランケット、ボルスター、ベルトなど道具を使います。

 

快適な姿勢でゆっくりとポーズを取ることにより、神経系のリラックス、緊張の緩和、エネルギーの回復に効果が期待できる「積極的な休息のヨガ」ともいえるスタイルです。

 

首、腰、脚、腕など個人に合った道具の使い方をして、楽な状態で1つのポーズを15分以上します。

頭の中の神経がリラックスするには、15~20分かかるそうです。

なので1レッスンでポーズは3~5ポーズほど。

 

 

 

これがボルスター、長い枕、かたいクッションのようなものです。

 

 

ヨガブロック、サイズによって置き方を変えたりします。

 

 

アイピロー、これはラベンダーの香りがします。

ヨガベルト、脚や腕にも使います。使う部位によって長さをかえます。

 

 

 

講座は、写真撮影がNGだったのでイメージしにくいかも(・・;)

ここにボルスターにお腹からもたれ、抱え込むようにうつ伏せになってのポーズ。

 

 

 

以前から、リストラティブヨガを勉強してみたい!とは思っていましたが「百聞は一見に如かず」自分で体験してみないことには。

ところが、レッスンをしているスタジオが少ないこと、お目当ての先生が関西に来ないなどで受講する機会がなく、ようやく参加できました。

 

一般的なヨガの基本のポーズは「タダアーサナ」(山のポーズ)がすべての基本と言われています。

 

リストラティブヨガでは、「シャヴァーサナ」(屍のポーズ)が基本のポーズ。

 

 

このポーズは、寝ころがっているだけのシンプルなポーズですが、人によっては腰がしんどい、顎があがるから首がつらい、肩が緊張していて腕が重い、などなど快適でないこともあります。

そんな気になることがある状態では、なかなか集中できないものです。

 

 

そこでリストラティブヨガでは、首のカーブにあわせてブランケットを入れたり、腰が反っているなら脚を高くしブランケットを骨盤に敷いたり、ベルトを使って脚の力が抜けるようにしたり。

 

いろいろな道具を使い完全に脱力できる状態、ゆだねることができる姿勢になれます。

 

 

そのまま目の上のタオルのやさしい重さも加わり、どんどんリラックスしていきます。

 

 

ポーズをしているので、「寝ない」。

 

睡眠不足、睡眠障害などあればしっかりと寝てしまうそうです。

 

私はかなりの確立で寝てしまうんです。この講座でも寝落ちしたらどうしよう・・・なんて思ってました。ところが快適さがちょうどいいので落ち着く感覚、頭の中が空洞、空っぽの状態がわかりました。

 

まるで瞑想をしているような感覚。快適でした。

 

 

 

あとでエリザベス先生と話せました。私が陰ヨガを指導していると言うと、リストラティブヨガとよく似ているから両方するといいよ、とのことでした。

リストラティブヨガの勉強します。

 

 

小さな道具の使い方のテクニックは、早速レッスンに取り入れています。

これがなかなかの好評です。やっぱりみんな疲れてるんですね(笑)

 

日本人、みんな頭がいつもフル回転です。瞑想がいま話題ですよね。心も頭の中も落ち着く、空っぽになる時間はとても大切です。

 

レッスンに来ていただく方の身体のリラックスはもちろん、頭の中、心も中も深いリラックスと休息になるお手伝いします。

 

 

ナオミヨガでは、体験レッスンは、いつでも受け付けております。

 

平日夜の動きの少ないやさしいヨガ「陰ヨガ」と

土日朝のしっかりアクティブに動く「リフレッシュヨガ」を開催中です。

 

お申し込み・お問い合わせは→https://reserva.be/naomiyoga0808