花粉症と冷えの関係

高槻市・松井山手,ナオミヨガ体が硬くても、初心者でもできるリラックスのヨガ教室

ヨガインストラクター 藤原如美(なおみ)です。
 

私は、紙が貯まるのが嫌いです

契約書やお知らせ・ご案内の印刷物。

 

期限が切れていたら、すぐゴミ箱。

 

講座などで配布される資料は、帰って何度か復習したらすぐファイルに片付け。

 

そのファイルも整理します。ほとんどの残していますが、たくさん忘れてた内容が出てきました。

たまに見返すもの必要です。

 

「花粉症と冷えの関係」

 

東洋医学では、花粉症は冷えが原因といわれています。

身体は「冷えのぼせ」といって、上半身に熱が上がってしまった状態が、花粉症の原因の1つ。

花粉症の人の多くは、身体の末端の手足は冷たく、胸から上が熱い。

 

子供のころ、お風呂を若洲とき、上があったかくで入ると下は冷たい水。

なんとも残念な状況で、あったかくなるまで浴槽でうずくまる(笑)

 

なんてたとえ話をはさみ、話題を戻して

花粉症の症状は熱が顔の中心に集まって、ぼーっとするような感じがあります。

 

花粉症の症状の「鼻水」に対して考えてみます。

胃の経絡(気の流れ道)は鼻の横を通ります。なので、胃の経絡に働きかけることも効果的です。

こんなときは、胃腸の調子を整えて、代謝を良くすることが冷えを改善する方法と考えられます。

 

ヨガでは、胃の経絡にそってポーズをすることで、上がりすぎている気を下げ、バランスをとります。

 

このポーズは、胃の経絡の流れているお腹、太ももを伸ばします

手をあげることでお腹にしっかりと伸びを感じられます

 

片脚で余裕があるなら、両脚で。

このポーズを私は、レッスンでも必ずします。

 

経絡を伸ばし流れを良くすることも大事ですが、

解剖学的にも、太もも、お腹の柔軟性をつけることは、腰やひざのトラブル防止にも大変効果的なんです

 

「冷えは万病のもと」

 

というように、冷えは少しでも改善したいものです

最近は、1年中「冷え」を感じている方が増えています

身体の外からも大事です、そして身体の内からも。

冷え改善のひとつに、ヨガを取り入れてみませんか?