「気」をたくさん作りましょう!

 

こんにちは、ヨガインストラクターの藤原如美(なおみ)です。

 

「気」が流れる

っていいますよね。
気は目に見えない、エネルギーです

ヨガはこの気のことを「プラーナ」といいます

この気は古代から言われています

日本にも「気」をつかった言葉はたくさんあります

気が合う、気持ち、気が利く、気を配る、気が向く、気長に、お気に入り

などなどきりがないほど

 

皆さんも思い出す言葉ありますよね

 

そんな「気」ですが、身体の中を上から下へ、下から上へと循環しています

身体の前側を通って下へ降りていき、後ろ側を通って上へと昇っていきます

 

陰陽でいうと

「陰」下がる、重い、身体の前側、女性
「陽」上がる、軽い、身体の後側、男性

 

となります。女性は陰なので気が下がりやすい
男性は陽なので気を持ち上げやすい

 

なんとなくイメージつきますよね

 

カーーーーッとなりやすい男、冷ややかーーーーーにみる女

テンション上がりやすい男、センチメンタルなのが好きな女

 

ちょっと話題がそれてしまいましたが、

 

なんせ「気」は身体を循環していて、
その気によって私たちは生きています

 

気の流れが滞ると、身体に不調がでてきます
気の流れが止ってしまうと、生きていけません

 

そんなに大切な「気」という、
生きていくエネルギーは十分にありますか?

 

 

気の作り方

材料:食事 呼吸

 

*身体にいいものを食べましよう(これはまた別の機会に)

*呼吸をしっかりとしましょう

 

走ったり、踊ったり、飛んだり、泳いだりといった運動は
呼吸をしていますがとても浅くなったり、止まって状態で動くこともあります

 

ヨガのようなゆっくりと身体を動かし
吸う、吐くを丁寧におこないます

 

また、ヨガまではいかなくても、落ち着いて座って呼吸をするもいいです

まだ少し寒さが残っていますが、

外で深呼吸をすると、「気持ちいい」ですよね

気の持ちがいいんです!

 

生まれた時から、最後の時まで休まない呼吸をすること

当たり前になり過ぎて、ほったらかしてませんか?

 

身体にいいものを摂ることも大切です。
そしてもっと大切な呼吸を丁寧にしてくださいね!
気持ちいい毎日を。