あなたの身体は、赤身タイプ、それとも白身タイプ?

こんにちは、ヨガインストラクターの藤原如美(なおみ)です。

 

私たちの筋肉は、実は3つのタイプに分けられます

「100m走が得意ですか?」

「マラソンが得意ですか?」

 

長時間動くことができる、持久力の筋肉は「白筋(はっきん)」

短時間で強いパワーを出すことができる筋肉は「赤筋(せっきん)」

また、どちらの要素をもった「中間」

 

「赤筋(せっきん)」は、血液が沢山流れています

血液中には酸素がたくさん含まれています

身体を動かすことは、酸素を使っていますから持久力の筋肉を使う場合は血液がより必要になります

血液が沢山流れているので赤筋、赤い筋肉です

魚に例えると、マグロのような赤身です

長い距離をずーーーっと泳いでます

 

889942c028cfaad9e9c698dfadce57f5_s

一方、白い筋肉は、瞬発力の筋肉です

100mダッシュは息を止めてでも走れます

しかし何回も続けることは、できません

酸素がないので・・・

魚で例えると、ヒラメのような白身の魚

じっとしているけど、動くとササッと素早い

鳥ならニワトリ、長く飛べないけど動きは素早い

356dbacb988827dd09c345525741f6f2_s

あなたはどちらのタイプですか?

両方ですか?

自分がどのタイプの筋肉かわかっていると、トレーニングや運動の仕方がわかり効果も出やすいです

 

ヨガ(スタイルはいろいろですが、一般的なもの)は両タイプの筋肉に効果的です

立ちポーズやバランスなど力強くポーズをすることで、白筋を使いながら、

何回も繰り返したり、ポーズを長くキープすることで、赤筋を使います

 

バランスよく使えますので、非常に効率的に身体作りができますよ

ヨガはどんな筋肉のタイプでも、身体が硬くても、誰でも受け入れてくれますよ

一度試してみませんか?