薬膳講座でこんにゃく湿布しました

こんにちは、インストラクターの藤原如美(なおみ)です。

 

先日、月1回受講している薬膳講座でこんにゃく湿布しました

 

今回の講座のテーマは「冷房に負けないからだづくり」

講師は、国際薬膳師の石田久美さん

http://blog.karadabase.com/

場所は伏見の自然食のおばんざい「tsumugi」さん

http://kenya.pepper.jp/Tsumugi/

20160727_060102000_iOS

そこで冷えた体を温める「こんにゃく湿布」

まずは、15~20分ほどゆがいたアツアツこんにゃく。

20160727_073832000_iOS

写真ではアツアツ具合が伝わらないですが、湯気が相当出てます

決して罰ゲームではありませんから、無理矢理に誰かの顔にあててはいけません(笑)

 

そしてフェイスタオルに包みます

20160727_073841000_iOS

20160727_073844000_iOS

 

こんなに分厚くなりました・・・

だ、だ、大丈夫!?この厚みで熱さある???

20160727_135845000_iOS

そしてこれを、丹田(おへその下あたり)、背中の腰のあたりや、仙骨(骨盤の中央あたり)に当てます

 

じわじわ~~~~

ひゃ~~~~すごくあったかい~~~~

こんにゃくさん、疑ってごめんなさい~~

 

この湿布はカイロよりじんわりと身体の奥のほうからあったまってきます

これはいい!!!

 

さらに久美さんは、カバンからあるものを・・・

20160727_074119000_iOS

ビワの葉

ビワの葉は民間療法で、ビワ温灸として使われています

私も友人からビワ温灸を受けたこともあります

冷えによる体調不良にも効果があるそうです

ビワの葉とこんにゃく湿布を身体にあてるという、Wパワー倍増です

 

そして「つむぎ」での講座の楽しみのひとつの、デザートタイム

つむぎの悦子さんのすべて手作りの豆乳のアイス

20160727_075341839_iOS

桃とベリーのソースがやさしい~

市販のアイスがなんだか攻撃的に感じる・・・

冷たいものを食べても、お腹にはこんにゃく湿布がいますから大丈夫です(笑)

 

久美さんとは「生き方を変えるYOGA」で講座をしていただける約束しました

近いうちにお知らせしますので、お楽しみに!