ポーズはどのくらい時間してるんですか?

こんにちは、インストラクター 藤原如美(なおみ)です。
陰ヨガのレッスンでよくある質問です
陰ヨガは、一般的に知られているヨガのポーズとは違います。
立ちポーズやバランスポーズなどは筋肉を使って身体を伸ばしたり、シェイプさせたりします。
呼吸は、ヨガのスタイルやインストラクターによって違いはあるものの、5呼吸くらい、もしかしたらもう少し長いかもしれません。
ところが、陰ヨガは呼吸を重視します。

関節周りを緩めるには、脱力することが大切です。吐く息はリラックス効果を高めるので、身体が緩みやすくなります。

陰ヨガポーズ

その関節周りを、ゆるめるには大体2分以上かかると言われます。
力の入った緊張した状態は、吐く息も強くで短くなったり、鼻息荒く呼吸したりします。
関節周りが緩む前に疲れてしまいます。
陰ヨガはゆっくり長くポーズできるように、呼吸もゆっくりして緩めます。
 
平均3~4分します。
 
「えーー!そんなに長く?!全然キツくないわ!
でも、嫌いなポーズは長く感じるけどね(笑)」
といった会話はしょっちゅうです。
でも、脱力してますからしんどくないのです。
よって、長くキープできるのです。

陰ヨガポーズ

身体が硬くて、前屈が深くできなくても、脚が大きく開かなくても、
ターゲットにしている場所が伸びていたらいいんです。

きつく感じたら、ポーズを外して休んでも気にしなくていいんです。

あくまでも、ポーズで伸びていることを感じて、呼吸を丁寧にすることが大事。

3分でも4分であっという間にすぎてしまします。後半はいつの間にか寝てしまいます。

私は毎日のように寝る前にポーズします。
そして毎日のように寝てしまいます。

陰ヨガは、何分してもいいのです。
30分同じポーズしても、どこも痛めることがないんですよ!凄いでしょ!
3~4分て、すぐのようで長く感じたり、短く感じたりします。
時間が経つのを待ってる間に、どんどん緩む身体の感覚、ぜひ体験してみませんか?