肩ひじ張って頑張ってませんか?

こんにちは、インストラクター 藤原如美(なおみ)です。

「肩肘張って」

 

なんて言葉があります。

辞書によると、
「無理に肩やひじを高くして身構える」

この肩ひじ張ってることに気づいてない人がとっても多いんです

ヨガしてる時に、この姿をよく見かけます。

陰ヨガは力を抜くヨガなのに、肩と肘が緊張している

「肩がきゅーっと上がって、耳に肩がつきそうだったり」

「肘をぴーーーんと伸ばして身体を倒している」

そんな時は、だいたい呼吸がとっても浅かったり、止まってたり、強く荒かったり・・・

25m息継ぎなしで泳ぐくらい頑張ってるようなもの

そーっと忍び寄って、

「肩の力抜きましょう」って肩をなでたり

「肘をすとんと緩めましょ」

なんてささやきながら、肩やひじをなでるように緩めることを促しています

特に身体の硬い方に圧倒的に多い

わかるんですよー、硬いからポーズすることに一生懸命になるんですよね。

頑張る、頑張らなければ、なんて考えると勝手に肩肘張ってる・・・

07a2e8e4019fc19a69b05ba29a15a76f_s

 

これは、ヨガだけでなく生活の中でもみえます
お仕事中に、
キッチンで料理しながらも、
自転車に乗って急いでいる時、
細かい作業している時、
読書してる時

などなど・・・

さらには

寝てる時までも肩肘張ってる

あるあるです。

朝起きて、肩凝ってませんか?

まずは、自分自身でそのことに気付けばいいんです

そして、肩をすとんと落として深呼吸して

また新たに始めればいいんです、

呼吸を忘れなければ

きっと、頑張りすぎない、

ちょうどいい頑張りができるんじゃないいでしょうか。

陰ヨガのポーズは3分ほどおこないます。
肩肘張ってしまうと長くキープできないんです。

少しずつ肩肘緩んできます

頑張る時の為に、日頃から肩肘緩めておきたいものですね。

陰ヨガポーズ